<< 2011/01トップページ2011/03 >>
2011年2月28日

中東革命は陰謀だった!?

※「Google世界革命陰謀論」
http://wiredvision.jp/news/201102/2011022519.html

中東に広がりつつある抗議運動の背後に米Google社が存在する。だからこそ、同社は他の国々から追い出されているのではないだろうか? 彼らは今まさに、米国政府の手先なのではないだろうか?

Google社には、大統領と同じオフィスに出入りし、ホワイトハウスに協力している幹部が4、5人いる。Google社の2名のバイス・プレジデントが 実際、エジプトの革命を扇動するのに関わったのであり、彼らはそれを誇りに感じているのだ。


…う〜ん、オイラ個人の意見としては、2/24の日記で「(中東が)ここまでになるには何処か国家レベルで煽動してるところがあるんじゃ ないか…」と書いたとおり、ずーっとそう思ってましたが、この記事は分かりやすいですね。

あ、信じる信じないは別にどうでも良いです。だって、これを、信じたところでどうする事も出来ませんよね?

しかし、Googleを追い出した国、中国は案外まともな国なのかも知れません。それに比べて日本は…?

ついでにこれもチェック!
※GoogleとCIAの世界監視システム?
http://wiredvision.jp/news/201007/2010073023.html


■今日ネタ

アカデミー賞速報!
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110228-00000471-reu-ent

2012年、地球滅亡のシナリオ?
http://rocketnews24.com/?p=76641

初めてロシアが良い国だと思った?
http://labaq.com/archives/51601519.html

こりゃ、いカン?
http://news.livedoor.com/article/detail/5374168/

フー・ファイターズ、ザ・フーのロジャー・ダルトリーと競演!
http://news.livedoor.com/article/detail/5373756/

こんなことがあるんだねぇ。
http://www.malaysia-navi.jp/news/110224060615.html

面白い世の中になったもんだ。
http://ayacnews2nd.com/archives/51770254.html

麻薬撲滅!
http://www.hiroburo.com/archives/51356093.html

投稿者:DJ Koji at 16:39 | ニュース

2011年2月27日

こんな話がありました。

金曜日の“HOT100”終了後、リスナーのコッシ―が待っててくれて、少しお話ししました。

ちょっと障害があるコッシ―ですが、リハビリで大変お世話になった人が、
NZ地震で行方不明になってるそうです。

コッシ―のTWITTER:「朝刊の一面と社会面に安否不明者の知人のナースマンの記事が出ていた…今もNHKで報道しとった。生還してくれや!」


戦争とかやってないで、世界中の軍隊が助けに行けば、たった一日で何とかなりそうなもんですけどね…。

 さて、今日はとってもいい話を見つけたので、ご紹介します。

http://2chcopipe.com/archives/51662575.html

数年前、近所を歩いていると、閉まっているクリーニング屋の前でウロウロしている全盲の人がいた。

クリーニング屋には張り紙があり、「臨時休業」となっていた。

その人に「今日はお休みのようですよ」と声をかけた。

で、立ち去ろうとしたのだけど、その日は迷惑駐車が多くて道路脇を歩くのも
危険な状態だったため、「車の少ないところまで一緒に行きましょう」と再度声をかけた。

すると、「では寄りたい場所があるので、お願いしてもいいですか?」と言われた。
そこから徒歩5分ほどのスーパーだったので、快く引き受けた。
スーパーにつくと、「買い物も付き合って貰えますか?」と。

特に用事はなかったので引き続き付き合うことになった。

「友人への贈り物として1000円ほどのお菓子を買いたいので、選んで下さい」と言われ、説明をしながら金額を考えて一緒に買い物をした。

レジでお金を払い終わるとその人は、私の方へ袋を差し出し、
「ありがとう、どうぞ。あなたへの贈り物です」と言った。


「この辺りを歩いていて、こんな風に声をかけてもらったのは初めてですよ」
と穏やかにほほえみながら話して、去って行った。

その人も嬉しかったんだろうけど、私自身、こんなに嬉しい贈り物は初めてだった。

 

■今日ネタ

ヒップホップスターたちの子供の時のかわいい写真

http://digi-6.com/archives/51693707.htmlそうだったのかレディ・ガガ

http://www.hiroburo.com/archives/51353323.html

理想の夫?

http://news.livedoor.com/article/detail/5369863/

さんまさんと123便

http://ameblo.jp/nobitapa/entry-10043068275.html

サウジ、一代で巨万の富を築いた皇子

http://news.livedoor.com/article/detail/5372719/

これ、マジですか?

http://getnews.jp/archives/100202


投稿者:DJ Koji at 21:47 | ニュース

2011年2月25日

日本人初のフリーメーソンは誰?

先日、友人と話をしていた時に「坂本龍馬は日本人のフリーメーソン第一号ですよね?」と聞かれましたけど、果たしてそうなのでしょうか?

坂本龍馬個人のドラマはさておいて、もっと広い視野でみてみると、ヨーロッパの財閥であるケスウィック家の支配したジャーディン・マセソン社が、阿片の密輸と茶の貿易で、1840年の阿片戦争に深く関わり、幕末・明治の日本 において、代理人であるトーマス・ブレーク・グラバーを日本に派遣して、坂本龍馬をはじめとした、明治維新志士のすべてを背後で操っていた明治維新の黒幕企業といえます。

グラバーが三菱財閥の誕生に深く関与していたことは有名ですが、彼と坂本龍馬の2人が、世界最大の国際秘 密結社であるフリーメーソンのメンバーだったという話も有名です。
http://shadow-city.blogzine.jp/net/2011/02/post_6d78.html

じゃあ、やっぱり坂本龍馬こそが、日本人フリーメーソン第一号だっとのかというと、オイラのこの日記、2010年12月31日「ジョン万次郎の銅像の左手の秘密?」をみてください。

ジョン万次郎とフリーメーソン
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/623.html

当時は、フリーメーソンの新世界秩序で、世界をワンワールド化しようとする動きがあり、アメリカでは西部開拓を進めていた時代で、さらにその先の日本に、 イギリスに先んじて、進出しようとするアメリカの戦略があり、日本語のできる諜報部員を育成する必要があると、フリーメーソンであるペリー提督も日記に書 いていた時期でありました。

ジョン万次郎は、アメリカ、またフリーメーソンの諜報部員として教育され、日本に送り返されたと推測されます。

論より証拠、高知県足摺岬にあるジョン 万次郎の銅像の写真を見て御覧なさい。  左手には、フリーメーソンのシンボルである直角定規とコンパスをもっています。

また、アメリカに滞在しているわずかな期間に、ペリー家、ルーズベルト大統領の祖父にあたるワレン・デラノの名門デラノ家とも人脈を築いているのです。   

ただの漂流した日本人漁師の少年が、この若さでこれだけの大物たちと接触できるには、アメリカの政府かフリーメーソンなどの組織が関与しない限りありえ ない話であると思います。

ルーズベルト大統領の祖父のワレン・デラノは中国のアヘン貿易で財を成し、長男のフレデリック・デラノは中国で生まれています。

さらに彼は、ロスチャイルドの米代理人のJ・P・モルガンの経営する金融機「クーン・ロ−ブ商会」と組んで、多くの鉄道を乗っ取り、アメリカの大鉄道経 営者になり、デラノ家は代々メーソンで、ここから必ず300人委員会のメンバーが選出されるほどの名門であります。

アメリカ第30代大統領カルピン・クーリッジも、「ジョン・マンの帰国は、アメリカ最初の大使を日本に送ったに等しい」とまで言い切っています。

ということで、オイラが思うにジョン万次郎こそが日本人のフリーメーソンメンバー第一号だったと思います。

しかし、こうやって世界の歴史を大きくみてみると、世界を動かした財閥はアヘン等の汚い事ででぼろ儲けして銀行創ったりしてるんですから、元を正せば、世界の大金持ちってロクなもんじゃないですねぇ。

また、イルミナティ、300人委員会等、分からない言葉があったら調べてみると面白いですよ。世界を動かしてる人達が見えてきます。


■今日ネタ

ウソ〜?ドラえもんのお葬式?
http://media.yucasee.jp/posts/index/6772

石油の値上がり必至のようで…。
http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20110224/dms1102241559020-n1.htm

リビアは現在こうなってます。
http://sankei.jp.msn.com/world/news/110223/mds11022321340021-n1.htm

よく解りませんが、何か凄いです!
http://www.gizmodo.jp/2011/02/ntt1.html

孫文がUFOを目撃していた!?
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?
y=2011&d=0224&f=national_0224_144.shtml


石田純一さんの裏切り行為?
http://www.sanspo.com/geino/news/110224/gnj1102240504007-n1.htm

怒れ!日本国民!!!
http://news.livedoor.com/article/detail/5366912/

投稿者:DJ Koji at 11:33 | ニュース

2011年2月24日

これを観ると力が湧いてくる!

いやぁ、NZ地震のニュースはかなり辛いですね、速報が入るたびに心が痛みますが、とにかく早く人々が救出される事を願っています。また、亡くなった方々のご冥福を心よりお祈りいたします。

そして、次に気になるのは中東情勢です。さすがにここでは載せれませんが、リビアでの政府軍のあまりにも酷い虐殺写真、動画などがインターネットでは出回っています。

TV ニュースよりも早くそれをネットで知る事が出来て、更にそれよりも早いスピードでツイッター、フェイスブックから生の情報が入ってくるんですね。

その中を見ると何故これは新聞、TVで報道されないんだろうと不思議に思う事もいっぱいです。

さらに、ここまでになるには何処か国家レベルで煽動してるところがあるんじゃないかとか、映画みたいなストーリーを妄想したりします。

で、もしかしたらと思って調べてみると、こんな言葉を見つけました。
"Color revolutions(カラー革命)"
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%89%B2%E3%81%AE%E9%9D%A9%E5%91%BD

米当局筋がこの10年、世界的に扇動してきた「カラー革命」は、反米諸国の政権を転覆するのが目的だったと考えられるが、それを表に出してしまうと、米政 府は内外から非難される。だから米当局は、反米政権の国々だけでなく、エジプトのような親米政権の国々の市民運動も形だけ支援し、格好をつけてきた。だ が、それが誤算を生み、エジプトの4月6日運動などが率いる反政府運動が意外にもエジプト国民の圧倒的な支持を受けてしまった。
http://www.tanakanews.com/110218net.htm

ほほぉ、こんな考えもありますが、あながち嘘だとは言い切れませんね。

さ、そんなこんなで世の中の事はもちろん、自分の周りのトラブルとか心配事が増えた時に、いつも観るのがこの映像。これを観ると何だか力が湧いてきます!

最近、健康が心配されているスティーブ・ジョブス氏のスピーチ。いろんな名言が次々飛び出しますが、最後の言葉は特に感動的です。

"STAY HUNGRY,STAY FOOLISH"


スティーブ・ジョブスの伝説!「卒業式スピーチ」その1(掲載は3度目です)
http://www.youtube.com/watch?v=DE8HrWmnLwA&feature=related
スティーブ・ジョブスの伝説!「卒業式スピーチ」その2
http://www.youtube.com/watch?v=54pPcsDEc6M&feature=related

YOUTUBEが見れない人はこちらをチェック。
http://sites.google.com/site/himazu/steve-jobs-speech


■今日ネタ

この本、読みたいです!
http://www.news-postseven.com/archives/20110222_13226.html

これは絶対に使ってみたい〜!
http://rocketnews24.com/?p=75344

ホント?携帯電話
http://www.afpbb.com/article/life-culture/health/2786820/6855059

やっぱり、ナチスって凄いかも?
http://rocketnews24.com/?p=75800

漢字占い:オイラ「剛毅果断」と出ました。攻撃力100、エロ力100、モテ力43…
http://misapuzzle.sakura.ne.jp/uranai/type2.cgi

デーブ・スペクター面白い!けど、ねづっち頑張れ〜!
http://www.47news.jp/CN/201102/CN2011022101000459.html

一理ある?
http://darknessofasia.blogspot.com/2011/02/blog-post_2933.html

あららら…出ちゃったのね。
http://popup777.net/archives/16701/

投稿者:DJ Koji at 17:17 | ニュース

2011年2月23日

こんなにもあった、日本の激似曲!?

昨日のサザエさんのエンディングテーマの元ネタが大反響だったので、他にも似てる曲がどれだけあるかいろいろ調べたら、あるわあるわ、いっぱい出てきました〜!

いや、ホント、長年DJやってたら「あ、これはあの曲だな…」とか元ネタらしきものがわかる時がありますが、今からご紹介するものはどちらの曲も知ってるけど、全く気付かなかったものがいっぱい出てきます!中国の事をいろいろ言ってる場合じゃないですねぇ。

ちなみに、これらの曲はたまたま似てしまった(?)のだろうとは思いますが、中には言い逃れできそうもないものもありますね()

でも、音楽の世界でも成長するためには学ばなければなりません。学ぶの語源は真似るということで、模倣をして音楽性が高まってきたと思えばいいんじゃないでしょうか?

さすがに、今は無いですよね…? 

ん?

…無いでしょ?

 
激似音楽その1

http://www.youtube.com/watch?v=6Ico4wIfc_I

いやぁ、リゲインとハリマオは笑いましたね、EXILEはたまたまだと思うけど、関ジャニとチャンバワンバは酷いなぁ。「エバンゲリオンより愛をこめて」も笑えました。後は間違いなくカヴァーです!ビリー・ジョエルなんて可哀想すぎる〜!


■激似音楽その2

http://www.youtube.com/watch?v=hCDK72f5CA8&feature=related

アルバート・ハモンド、サイモン&ガーファンクル、スージーQ,…しかし、原田真二の「キャンディ」がビートルズのミッシェル(似?)だったとは驚きました。で、「たいやきくん」はどちらかというと泳ぐというより空飛んでいたんですね、コンドルのように。でも、ショッキング・ブルーはアレンジが昔からよく知ってるイベントも3度一緒にやったダンスマンだし、どちらかというとオマージュですよね?本人もわざと解りやすくやってると思いますよ。そして、最後はツェッペリンがパクってたとなってますが、これは間違いです!「天国への階段」は1971年にリリースされた「LED ZEPPELIN ?」に入ってて、クラプトンの”Let It Glow”1974年リリースの”461 Ocean Boulevard”に入ってるので、どちらかというと真似した方はクラプトンのようで…。

 
おまけ。これは最後をチェック!

http://www.youtube.com/watch?v=pjWIxV1Fako&feature=related

最後に出てくる“リフラフ”ですが、オイラとおんなじ事務所にいたグループで、ちょっとご紹介すると「東京涙倶楽部」のジャケット写真の右側から、今も時々会うビジネスマンのヤッコ、後にモーニング娘が生まれた番組「朝ヤン」のディレクターになったメインボーカルのチャッピー、リーダーのユキさん(元AIちゃんのマネージャー)、そして左端が3年前に“J-GROOVE DANCE NIGHT”に来てくれたTRFのサムです。

で、このグループがデビュー前に一人抜けた時、事務所の社長ドン勝本さんから「井上、歌と踊りをやらないか?」とこのグループに入ることを勧められましたが、さすがに歌には自信が無かったのでお断りしたところ、代わりに入ったのがチャッピーなんですね。

いやぁ、今ではいい思い出ですが、しかしこの曲は…完全パクリです〜!


投稿者:DJ Koji at 21:10 | ニュース

2011年2月22日

見つけた!サザエさんのエンディングの元ネタ!

週末はスノボに行ってました!雲一つないピーカンで最高だったんだけど、いきなり一発目に行った上級者コース(上手い人達ばかりだったので、連れて行かれました)で、オイラにとっては断崖絶壁のような急斜面でビビりながらも滑ってたところ、ボードがいきなり外れて制御不能に!

あれ?なんで???と思った瞬間、二回転宙返りするように吹っ飛んで、着地したかと思うとザザザーっと止まらずに10メートルほど落下です。

アイタタタ…あまりの痛さに暫く立ち上がれませんでしたが、何でボードが外れたんだろうって見てみると、ブーツが壊れてました。これはあきらかに劣化ですね、普段から手入れを怠るとこういう事になってしまいます。

で、歩いて下まで降りるとなるとかなり距離があるという事で、友人達がパトロール隊を呼んでくれて、産まれて初めてスノーモービルに乗せていただきました。

しかし、あれってけっこうスピードが出ますねぇ、何といっても雪山ですから滑ってひっくり返らないかちょっと心配だったけど、真っ白な雪の中を風を切って走るのは、とーっても気持ちよかったです。

親切なパトロール隊の皆様、本当にありがとう!お陰でその後のビールはメッチャ美味かった〜!

あ、そうそう、アニメキャラとかに扮してたコスプレ軍団がいました。残念なのは8人くらい中7人は男で、ミニスカートとかで滑ってたましたけど、さすがに昼間からあの格好はオイラは無理かも。



■今日ネタ

やっと見つけた!サザエさんのエンディングテーマの元ネタ!
http://www.youtube.com/watch?v=ELVyjYU_j-Q&feature=player_embedded#at=53

大丈夫か、ハンナ・モンタナ
http://jp.reuters.com/article/entertainmentNews/idJPJAPAN-19566320110216

レディー・ガガ…それならオイラはガリガリの筈だけど?
http://jp.reuters.com/article/entertainmentNews/idJPJAPAN-19639520110221

CD不況と深刻な過労が歌手を蝕む?
http://news.livedoor.com/article/detail/5357707/

リビア大変な事になってます。
http://mainichi.jp/select/world/europe/news/20110222k0000e030034000c.html?inb=yt

こんなブームは嫌だ!
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20110218-00000006-rnijugo-ent

幽体離脱が解明される?
http://rocketnews24.com/?p=75058

大丈夫か日本!?
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110221-00000565-san-bus_all

これ、本当なのか?当然必要だとは思いますけど。
http://blog.livedoor.jp/booq/archives/1396407.html

投稿者:DJ Koji at 17:23 | ニュース

2011年2月19日

池田めぐみさんのサプライズ!

昨日の“HOT100”に池田めぐみさんが登場!皆さん本当に驚いたようですね〜!

 扱いがアーティスト級になってるし(笑)、スタッフも全員喜んでいました。

いやぁ、番組の相方は松岡さんで八人目。信じられないような失礼な発言をしてきましたが、正直いろいろ感謝しております。

 池田さんも元気そうで良かったです。今はFM群馬で頑張ってるそうで、これから先も楽しみですねぇ。

 

 普段なら、「さあ、飲みに行くぞ〜!」って、誘ってるところですが、久々の金沢(2年ぶり?)、ゆっくりとお友達と楽しんでください。

 さて、ちょっと風邪気味でこりゃマズイなぁと思っていましたが、すっかり回復!明日は早朝からスノボに行ってきます〜!

 もちろん、SAM白山で滑りましょう〜!現地で番組やるわけじゃないから、思う存分滑れるぞ〜!

 

 

■今日ネタ

 

日本人として、嬉しい記事です!

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110218-00001110-yom-int

 

え、どうしたのこれ?

http://twitpic.com/41042y

 

原因はこれかぁ…。

http://rocketnews24.com/?p=74884

 

え?スクラップだったトヨタクラウンがこんなになっちゃうの?

http://digi-6.com/archives/51690694.html

 

アイタタタ…。

http://www.nikkansports.com/general/news/p-gn-tp0-20110217-738127.html

 

アイタタ…薄々感付いてたけど、言わないでほしいよなぁ。(あ、KARAには実際に韓国で会いました)

http://news.livedoor.com/article/detail/5352328/

 

うっそ!大好きなキャラクターだったのに〜!?

http://ameblo.jp/kadokura4/entry-10804603343.html


投稿者:DJ Koji at 22:36 | ニュース

2011年2月18日

ROCK誕生秘話。

ひょえ〜っ、風邪引いたみたいで、喉が痛い…今日の本番大変かもです。あ、そうそう、きょうの"HOT100"はちょっとしたサプライズがあるのでお楽しみに!

さて、前回の続き、ROCK'N ROLLのお話です。

1955年、まだどちらかというとマイナーな存在だったロックンロールがブレイクする切っ掛けになったのは、「ロックンロールの最初で最大のヒット曲」といわれたビル・ヘイリー&ヒズ・コメッツ(Bill Haley & His Comets)の「ロッ ク・アラウンド・ザ・クロック」です。

映画「暴力教室」のオープニングに使用されたこの曲は、アメリカをはじめとする世界中の若者 の間に大ブームになました。今は亡き先輩のドン勝本氏は「暴力教室を観てから、自分の音楽感が全く変わった」とよく言ってましたけど、その頃の日本の若者にも多大な影響を与えたんですねぇ。

そして、翌年の1956年1月28日に 「CBS-TVトミー・ドーシー・ステージ・ショウ」にてTVに初出演し、白人らしからぬパフォーマンスで黒人のR&Bを歌って、PTAや宗教団体から激しい非難を浴びせられた一人の男が登場します。

その激しい非難にもかかわらず、それを見た若者たちは、彼の大ファンに なっていきました。その男の名はエルビス・プレスリー。

黒人のリズム・アンド・ブルースと白人のカントリー&ウェスタンを 融合することによって、今までにない新しい音〈ロック〉を誕生させたプレスリーは初期はアメリカ、そして世界中の若者にロックンロールに よって人気を博し、後期になるとラスベガスの舞台でカントリーやゴスペル、バラードなどを歌い、万人に愛される人物となりました。(Wikipedia参照)

1956年9月9日にエルヴィスは『エド・サリヴァン・ショー』に出演し、保守的な視聴者の抗議を配慮した番組関係者が意図的にエルヴィスの上半身だけを放 送したりしましたが、これによりプレスリー人気は更に加速しました。

プレスリーは現在のKARAどころじゃありません、とにかくその前代未聞の腰振りダンスは「いかがわしい不良の象徴」として大人達は大反対しましたが、当時の若者 にはセックス・アピールとしてとらえられ、熱狂的な人気を集めてしまいました。

ギネス・ワールド・レコーズでは「史上最も成功したソロ・アーティス ト」として認定され「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガー」において第3位にランキングにプレスリーは選ばれています。

ちなみにエルビスとビートルズの会見もありました。ビートルズのメンバーはエルビスの大ファンだったことは知られていますが、この会見はちょっと驚きの内容です。

1965年8月27日に、ロサンゼルス市のエルヴィスの邸宅でエルヴィスとビートルズは初めて顔を合わせました。エルヴィスの姿に見惚れしたメンバーと即 興演奏が始まり、エルヴィスは習いたてのベースを演奏し、ジョンとジョージはギター、ポールはピアノを演奏しました。(リンゴはドラムキットが無かったた め演奏していません)

エルヴィスは彼らの曲も歌い、「君たちのレコードは全部持っているよ」と言ったそうですが、これに対してジョン・レノンは「僕はあなたのレコードは1枚も 持っていない」と発言したことからその場が凍りついたそうです。

これは、ジョンが当時アメリカ軍による関与が拡大を続けていたベトナム戦争にエルヴィスが賛同する姿勢と、エルヴィスのマンネリ気味であった映画を痛烈に 批判したということらしいのですが、これがきっかけでエルヴィスがジョンを嫌うようになったそうです。

ま、そんなこんなでプレスリーだけではないと思いますが、その時代のロックンローラー達によってリズム・アンド・ブルースとカントリー&ウェスタンを 融合して"ROCK"(最初はロックンロールの略称)は誕生。さらにベンチャーズの登場により、ギターが中心となるような現在のスタイルに発展していったんですねぇ…。

リック・ジェームスの言葉:白人は俺たち黒人からロックンロールを盗んだ。今度は俺たちが白人からロックを盗む番だ」

しかし、その後も黒人のHIP HOPを白人が盗んでいます。(笑)


■今日ネタ

そうだったのか、仏滅
http://www.myspiritual.jp/2011/02/post-2646.html

知りたくなかった…ウサギとカメの続編
http://rocketnews24.com/?p=74458

驚愕!これがロシアの真実!?
http://sankei.jp.msn.com/world/news/110208/erp11020809360003-n1.htm

韓国ではオイラ、コピー男と呼ばれる?
http://youpouch.com/2011/02/17/092313/

セクシー水着の歴史?(18歳未満、閲覧禁止)
http://gigazine.net/news/20110217_bathing_suits_chronicle/

これは絶対に嘘であって欲しい!
http://www.gizmodo.jp/2011/02/6_14.html

そりゃそうだ!さすがに頭に来たっ!
http://news.livedoor.com/article/detail/5347760/

投稿者:DJ Koji at 13:26 | ニュース

2011年2月16日

ROCK'N ROLLは黒人が創った?

昨日の鼻血事件ですが、もうすっかり噂も広まってるようで、「あ、鼻血くんだ!」「出てますよぉ、鼻血が…」等、いろんな人から声をかけられております。

しかし、今日も同じ鼻から出血…きっとチョコレートの食べ過ぎに違いありません。

さて、昨日の「ROCKは元々白人の音楽ですよね?」と質問された件、きちっとお答えしましょう!

wikipediaによると、ロックは、アメリカで1950年代に黒人音楽と白人音楽の融合により生まれたポピュラー音楽のジャンルである。ジャズ、リズム・アンド・ブルース (R&B)と共に世界中に広まったアメリカ発の音楽…と書かれていますが、間違いじゃないにしても、そんな簡単に語れるものではありません。

百年以上も前からアメリカ南部の黒人奴隷が日々の労働の中で歌い続けていたブルース、ゴスペル(賛美歌)等がどんどん進化し、1940年代から50年代初期にはパー ティのダンスミュージックとして、チャック・ベリー、リトル・リチャード、ファッツ・ドミノ、アイク・ターナーなどの当時の若い黒人ミュージシャン達によって、より激しくシャウトしたり、速いテンポで歌われたりしました。

この黒人音楽は1940年代にレイス・ミュージック(Race:レイスとは人種という意味)と呼ばれ、ビルボード誌にも「レイス・ミュージック・ チャート」というのがありました。

しかし、1947年「もう、こういう(差別的な)名前で呼ぶ時代ではない、何か違う名前で呼ぼう」とビルボード誌編集部で 話され、ジェリー・ウェクスラーという人が「リズム・アンド・ブルーズっていうのはどう?」と提案した事から、これが採用されました。(正確にはブルースではなくブルーズです)

そして、そのリズム・アンド・ブルーズの中でもアップテンポの激しい音楽をDJのアラン・フリードが1953年に“ロックンロール”という呼び名を考案し、音楽とともにこの言葉が全世界に広がっていきました。

で、この語源については「rock(揺らす)と roll(転がす)で、音楽的な躍動感に由来する」とも説明されますが、本来はアメリカ英語の黒人スラングで「性交」の意味があるそうです。(wikipedia参照)


ちなみに当初はリズム・アンド・ブルーズとロックンロールの間に明確な区別はなく、オイラが思うにロックン・ロールのように激しくない、モダンなリズム・アンド・ブルーズが、ソウルミュージック〜ブラック・コンテンポラリー〜R&B(年代と共に呼び方が変わっただけです)へ発展していったんじゃないでしょうか。

ま、ここまで書いてハッキリ言えることは、間違いなくロックン・ロールは黒人が創ったということですね。

そして、この後いよいよ白人のロックン・ロール・スター、エルビス達の登場となりますが、長くなりそうなので、続きは明日にでも。


■今日ネタ

グラミーではないけどリッキー・マーティンもこんな賞を受賞!
http://news.livedoor.com/article/detail/5343800/

もしかしてアメリカでも合法化になるのかな?
http://news.livedoor.com/article/detail/5344168/

「桑田のノゾミ」…こりゃ売れる!
http://news.livedoor.com/article/detail/5345069/

このKARA騒ぎ、一ヶ月一人一万円しか貰ってなかったそうで、そりゃ怒るわ。
http://www.j-cast.com/2011/02/15088130.html

富山市のモンスターペアレント、マジで腹が立つ!
http://www.j-cast.com/2008/04/12018756.html?p=all

見よ、これがダースベーダーのフォースだ!(可愛すぎる)
http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=R55e-uHQna0

学生諸君、頼む、勉強してくれ!
http://news.livedoor.com/article/detail/5343818/

投稿者:DJ Koji at 18:28 | ニュース

2011年2月15日

元フロムエーの編集長!

いやぁ、参ったなぁ…ちょっと恥ずかしい出来事ですが、ジムのスタジオで必死になって汗を流してる時、鼻水が出てきたので風邪気味かなと思いつつそのまま 頑張ってたんですが、後で鼻血だったことが判明!

インストラクターの人が掃除してて気付いたそうで、ジム仲間からいっぱいメールが…その姿を想像するとちょっと恥ずかしいかもです。

ところで、先週金曜日の本番前に面白い人と会ってお話しました。その方を紹介された時「フリーター」という言葉を世に広めた人だと言われたので、早速 WIKIで検索すると出てましたね。http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%BC
..........
1987年にリクルート社のアルバイト情報誌「フロムエー」の編集長、道下裕史が、新聞・雑誌・テレビなどでも頻繁に使われていたフリーアルバイターをフ リーターと略し、映画『フリーター』を制作し公開した。当初は、フロムエーにフリーアルバイターというカテゴリが設けられていたが、フリーターという言葉 のほうが言い回しが良く定着した。

1991年、フリーター(フリー・アルバイターの略)の見出しで広辞苑(第4版)に記載された。..............

と載っていましたけど、実はこの道下裕史さんに小松でお会いしたんですね。その当時についていろんな面白エピソードをお聞きしましたが、本人曰く「私のこ とはエグゼクティブ・フリーターと呼んでください」と仰ってました。

本当に話が面白くって、夜も飲もうなんて話になってたんですが場所が小松なだけに、行くことが出ずに断念。次回お会い出来る日を楽しみに待ってます。

あ、そうそう、「ROCKは元々白人の音楽ですよね?」みたいな質問があったんですが、全く違いますよ、ロックの元になるロックンロールは黒人が創ったも のです。その辺り、明日にでもカキコしますね。


■今日ネタ

ニュージーランドのラジオ局「The Rock FM’s」やり過ぎ?
http://youpouch.com/2011/02/15/083212/

なんと7歳の少年が戦闘機購入?
http://www.gizmodo.jp/2011/02/7900.html

学生たちの姿を追ったテレビ報道の真実?
http://news.livedoor.com/article/detail/5341055/

独り寝が寂しい女性に?
http://youpouch.com/2011/02/14/143241/

このタクシー急ぎ過ぎです!:動画
http://www.youtube.com/watch?v=b5LcUui_u-U&feature=player_embedded

投稿者:DJ Koji at 17:07 | ニュース

2011年2月14日

松岡さんのバレンタインチョコ、暴露だぞ〜っ!

今朝、出勤途中に車の中で聴いてた"OH!HAPPY MORNING"はちょっと驚きました。

作家の江上剛さんのコメントで「エジプトだけではない、お隣のロシアだって(自由のない)大変な国でマフィア国家などと言われている。反体制派のジャーナリスト達は何十人も消されている…」ってなことを(言い回しはちょっと違うと思いますが)仰ってました。

いやぁ、これってTVのニュースや番組では絶対に言えないでしょうね、唯一こんなネタを取り上げるとしたら「たかじんのそこまで言って委員会」くらいでしょう。"ピー"は入るかも知れませんが。

江上さん、ありがとう!溜飲が下がる思いです!

しかし、そろそろメディアは本当のことを伝えないといけなくなってきたのかも知れませんね。今までは知られる筈のなかったことが、インターネットによって知ることが出来る.もう、隠せなくなったのかも知れません。

しかし、そのインターネットも実は米軍によって開発され、ネット上の発言などは監視されてて、中国がGoogleを追い出したのは、ある意味正論なのかもしれない…なーんて話もありますが、どうなんでしょう?

さすがにこんな「ポイズントーク」でさえ、本音は怖くて書けませんね。

さてと,今日はバレンタインデーですね,チョコくれた皆様、本当にありがとう!全部、本命チョコとして受け取らせていただきました〜!

あ、先週の"HOT100"の番組内で、松岡さんより受け取った爆弾入りのチョコの写真、ちょこっと載っけておきますね〜!

喜んで食べたら、生ショウガやマヨネーズが入ってるという驚きのトッピン具が…。あまりの不味さからか、いつもより余計に噛んでしまいました。

■今日ネタ

世界最高峰の音楽授賞式「第53回グラミー賞授賞式」が14日(現地時間13日)に米ロサンゼルス「ステープルズ・センター」で開催され、レディ・アンテ ベラムの「ニード・ユー・ナウ〜いま君を愛してる」が最優秀楽曲賞、最優秀レコード賞の主要2部門を含む5冠を達成した。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110214-00000011-mantan-ent
※この曲、大好きで去年一番聴いたかもです。

「B’z」の松本孝弘が最優秀ポップ・インストゥルメンタル・アルバム賞を受賞!
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110214-00000511-san-soci

ガガ様、儲けてます〜!
http://www.cnn.co.jp/showbiz/30001790.html

エリザベス・テイラー、長生きして〜!
http://www.cnn.co.jp/showbiz/30001792.html

自分のコンピュータ、性別判断?やってみたけど…あ、MACだった。
http://www.yukawanet.com/archives/3465776.html







投稿者:DJ Koji at 16:45 | ニュース

2011年2月10日

世界的に活躍する北陸の日本人!

いやぁ、驚きました。DK、ホント凄いわ!

何が凄いかって"D-K LIVE"(デジタル掛け軸)で世界的に活躍している長谷川章さんhttp://dk.popculture.jp/rec2007j.htmlのことな んですけど、どういう人か分からない人もいると思うので簡単にご紹介しますね。

"D-K LIVE"(ホームページ参照)でアメリカパブリックアート2007のベストアーティストに選出され、同年、日本の高校の教科書「情報C」にも掲載。さらにはディスカバリーチャンネルで特集が組まれるという地元石川県の小松に住んでいる凄いお方です。

その長谷川さんに先ほどお会いしてて、現在制作中の映像見て、ビックリ!

サラ・ブライトマンとアルバム『ダイヴ』(1993年)以降のプロデューサーとして有名なフランク・ピーターソン(ブライトマンの元カレ)がプロデュースを手掛ける『ザルツブルグ世界音楽祭90周年/DK』の告知CM映像だったんですが、DKとタイトルについてることでもお判りの通り、長谷川さんのデジタル掛け軸が古城(?)に映し出された映像で、それはそれは、溜め息が出るほど美しい映像に仕上がっていました。

聞くところによると、ピーターソンがDKを一目見て感動し、是非長谷川さんのDKを使いたいと願い出たそうです。

残念ながらこのCMは関東方面でしか流れないんですが、一足先に見ることが出来たオイラはラッキーですよね。

ちなみにこのピーターソンはマイケル・クレトゥと当時の奥様サンドラ・クレトゥ(現在は離婚)が中心となって結成されたエニグマに F. Gregorian 名義で参加してます。

このエニグマといえばグレゴリオ聖歌(グレゴリアン・チャント)で90年代一世風靡して、「リターン・トゥ・イノセンス(Return To Innocence」等の大ヒットを飛ばしてるので、懐かしいなんて思う人も多いはず。

で、エニグマのサンドラ・クレトゥは、実は「ハロー・ミスター・モンキー」等のDISCOヒットを飛ばした"アラベスク"のサンドラ(ジャケ写の真ん中)なんですね。

そのサンドラはアラベスク解散後にソロシングル「イン・ザ・ヒート・オブ・ナイト」というスマッシュヒットを飛ばしてますが、その曲のジャパン・リミックスはオイラ達が「ベガーズ・バンケット」名義で制作。

そのリッミックスが、新宿の"XENON"でナンバーワンになりオリコンに記録されましたが、その"XENON"でDJやってたのが"HOT100"で昨年末にインタビューした松本みつぐさんです。

なんだか、こうやって書いてると周りの全てが何処かで繋がってるようで、ホント、面白いもんですね…。


■今日ネタ

これ、マジョ?(魔女)
http://gigazine.net/news/20110209_witchcraft_becomes_profession/

いいじゃん、これくらいのジョーク
http://labaq.com/archives/51590257.html

子供にとっては嬉しいんだろうなぁ…ちょっとやり過ぎもあり?
http://labaq.com/archives/51589754.html

ホント、そうだよなぁ。「恥を知れトヨタ」と言ったあのオバサン、どうしてくれる?
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110210-00000286-yom-bus_all

こんな国はいやだっ!
http://jp.reuters.com/article/oddlyEnoughNews/idJPJAPAN-19466820110209

リンジー・ローハン、大丈夫か?
http://www.cnn.co.jp/showbiz/30001739.html

薬物とか、いろんな噂のあるチャーリー…暫くシーンとしといて。
http://www.cnn.co.jp/showbiz/30001636.html

そろそろホントにオジーになってきた?
でも、大好きです〜!(コスプレファン、コージー・オズボーンより)
http://www.cnn.co.jp/showbiz/30001662.html

投稿者:DJ Koji at 16:43 | ニュース

2011年2月9日

世にも不思議なお話。あなたは信じるか?

これってどう思います?
http://rocketnews24.com/?p=71844

確かに「人体自然発火」とか「ダウジング」はオイラもあると信じてます。しかし、予言は信じてないなぁ…。

ちなみにオイラ、霊能者とTV番組を一緒にやったことがあります。

あの「内灘霊園」で、真夜中の撮影だったんですが、真っ暗な中、木の上を指差して「あぁ〜、あんなところで首吊りしてる」とか、誰もいないところで「あ、子供達が騒いでる」とか言い出してスタッフ、レポーター達一同大パニック!

そしたらいきなりレポーターの女の子がうずくまって苦しみ始めました。

女子レポーター:「うううう…く、苦しい…」

霊能者:「あ〜、こりゃ、まずいわね、ちょっと待ってて」

オイラ:「や、やばくないですか〜?どうすればいいんですかぁ〜?(涙)」

霊能者:「アノクタラサンミャクサンボウダイ…イェイ、ヒョウー!!!  

ハァ〜〜〜〜〜!!!!!」

最後は間違いなくカメハメ波だったと思われる気を発し、ポンポンとその子の背中をたたくと、ゆっくりと起き上がり「あれ、私どうなってました?」…どうやら記憶もないようでした。

ま、そんなこともあり、こういったオカルト話は実際に信じています。

ついでにこんなネタもどうぞ。
http://blog.livedoor.jp/matematica/archives/2505395.html


■今日ネタ

世界の国名の由来って、こんなだったの?
http://www.yukawanet.com/archives/3444759.html

スタートレックの撮影現場写真
http://izismile.com/2010/11/23/between_takes_on_the_set_of_star_trek_119_pics.html

本音で言うと、そうかもね。
http://sankei.jp.msn.com/life/news/110204/trd11020421380020-n1.htm

また替わるのかなぁ…。
http://rocketnews24.com/?p=70774

世界各国の女性の平均的な顔?
http://byokan.net/sunday/?p=20299

投稿者:DJ Koji at 18:03 | ニュース

2011年2月8日

元ZOOのヒロさんってことは?

一昨日の日曜日は加賀のシンガー(?)籠谷兄貴の工場で餅つき大会〜!オイラの友人中出さん他、沢山の人が集まって美味しいものを食べながら餅をつきましたが、未だに筋肉痛…ちょっと大変かもです。しかし、楽しかった〜!みんなありがとう〜!

さて、昨日はお世話になってた先輩の"マイク山田"さんから久々に電話があり、いろいろ長話してました。

先輩ちょっと体調を崩してたそうなんですが、今では完全復活!「お前の声を聞くと元気が出るよ」なんて、嬉しいこと言ってくれました。

で、このマイク山田さん、元々はDJの先輩という関係だったんですが、ちょっと変わった人で、ある日いきなり渡米して、何故かアメリカの芸能プロダクションにスカウトされ、あのライオネル・リッチーの大ヒッット曲"Say You Say Me"のビデオクリップにも出演。

ちょうどそのビデオの撮影時に日本からテレビ東京のスタッフがその模様を取材に来てて、「あれ?あなた日本人ですか?」「はい、そうです」ってなことで、テレビ東京の新番組でマイクさんの特集が組まれるなど、都内ではいきなり知名度アップ。とにかく「なんでそうなるの?」ってな感じで、毎回オイラを驚かせる人でした。

他にもこのマイクさん、いろんな芸能界や音楽業界の人達を紹介してくれて、ある時「井上、今からジェームズを連れて行くから…」ってんで、てっきり外人さんかなと思ってたら”COOLS”の”ジェームズ藤木”さんですよ、オイラその当時結構ファンだったんでビックリしたのなんのって、ジェームズさんにはその時からのお付き合いで今でも可愛がってもらってます。

また、オイラが六本木でDJプレイしてたクラブにやってきて、「おい、井上、この人赤坂くんって言うんだ、ヨロシクね」って連れてきたのは、当時「摩天楼ブルース」がヒットしてた"東京JAP"のドラマーです。

その赤坂さんとは意気投合して、音楽について語り合い、オイラがリミックスしたJBのテープを気に入って、欲しい言うのでプレゼントしたんですが、その彼は後にラジオのガンガン出るようになって、"ミリオン・ナイツ"というラジオ番組で全国的にブレイクしましたね。そう、あの赤坂泰彦さんでした。

他にも数年前に突然金沢に電話があり「井上、元ZOOのヒロって知ってる?」って聞いてきたんで「ああ、知ってますよ、松山で一緒にお仕事したことあるし、メンバーのTACOさんもよく知ってますよ」って言ったらいきなり電話を代わり「じゃあ、お知り合いですね、元のZOOのヒロです。ちょっと僕がプロデュースしてるアーティストをご紹介したいんですが…」って、名前は忘れましたが、かなりイケてるアーティストを紹介してくれました。

その後、ヒロさんからはご丁寧に直筆の手紙を頂きましたが、その中にも元ZOOのヒロですとしか書いてませんでしたね。まさかあのEXILEのヒロとは一言も書いてなくて、その時は全く気が付いてませんでした(笑)。

そんなこんなで、他にも沢山のサプライズを与えてくれたマイク山田さん、彼が完全復活したからには、今度はどんなことで驚かせてくれるんでしょうか、アメリカで映画に出るなんて話もあったんですが、あの人ならやってくれそうで、とーっても楽しみです!

■今日ネタ
飛行機が飛んでいるのは、未だに説明ができない。やっぱ、あんな鉄な塊が空飛ぶなんて信じられない!
(飛行機に乗るの大嫌いです)
http://www.uwasaranking.com/report436

え〜っ!?こんな事故ってあり?
http://narinari.com/Nd/20110215003.html

凄いぞ、北陸先端科学技術大学院大学!
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110207-00001068-yom-sci

これ、懐かしい〜!
http://narinari.com/Nd/20110215000.html

この国に行ったら逮捕間違い無し!だって…
http://narinari.com/Nd/20110214988.html

八百長の由来?
http://youpouch.com/2011/02/07/111240/

こんなヒーローはゴメンジャー?
http://www.kochinews.co.jp/?&nwSrl=270556&nwIW=1&nwVt=knd

フィリピンでも萌え〜?
http://jp.reuters.com/article/oddlyEnoughNews/idJPJAPAN-19426720110207

投稿者:DJ Koji at 17:07 | ニュース

2011年2月7日

ゲイリー・ムーア死去のニュース!

スキッド・ロウ時代からのファンだったので、凄いショックです!

http://www.barks.jp/news/?id=1000067516


Anger As Art/Abattoirのフロントマン、スコット・ゲインズは、ムーア・ファンを代弁するこんな声明を発表している。「ゲイリー、フィル(・ライノット)が出迎えてくれていると願っている。コージー(・パウエル)を探してくれ。そして、俺らがそこに行くまでに、アルバム何枚分かの曲を作っておいてくれ」

投稿者:DJ Koji at 12:26 | ニュース

2011年2月4日

日本の学生はありがたいほど馬鹿?

"HOT100"の今日のゲスト、"FUNKIST"の2/2にリリースされたばかりの新譜、"Pieceful"を聴きながらカキコしてますが、こんな 良いバンドがいたんですねぇ、今まで知らなかったオイラ、ちょっと恥ずかしいッス。

さて、今日はこんなネタです。
http://www.news-postseven.com/archives/20110203_11380.html

いくらなんでもそこまで…と思いたくなりますが、当たってるような気がします。
特にこの部分はため息が出ましたね。
.......................
日本で教鞭を執ったこともある、韓国人教師はこう言う。
 「ハーバード大学の留学生数で、日本人は韓国の8分の1、中国の7分の1です。“内向き”だとか、“草食系”だとか言われていますが、私から見れば単に 目的意識がなく、努力をしない学生が圧倒的に多い。? ? このままでは単純労働しかできないのに、何の疑問も抱かず中国人より稼げると信じているのだか ら呆れる。日本を支える“技術”が石油のように湧いて出てくるとでも思っているのでしょうか」
......................
ううう…ちょっと泣けてきます。反論もできません。学生諸君、勉強しましょう〜!

■今日ネタ

グーグルとマイクロソフトが大喧嘩!?
http://media.yucasee.jp/posts/index/6479

Googleストリートビューのおかしな風景
http://digi-6.com/archives/51676029.html

おばあちゃんへのプレゼント。
http://www.afpbb.com/article/life-culture/life/2784159/6740811?utm_source=afpbb&utm_medium=topics&utm_campaign=txt_topics

うっそ〜!?これってダメだったの?
http://www.kobe-np.co.jp/news/jiken/0003776984.shtml

これって、普通におかしいと思う
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2011&d=0203&f=business_0203_092.shtml

あー、ワクワクする〜!
http://www.youtube.com/watch?v=3H8bnKdf654&feature=player_embedded

投稿者:DJ Koji at 12:01 | ニュース

2011年2月2日

悲劇のバッドフィンガー…

昨日の続き、悲劇のロック・グループ“バッドフィンガー”ですが、僕が最初に知ったのは、(懐かしの)エバーグリーンシリーズで「デイ・アフター・デイ」というシングルです。
そのライナーノーツには「メンバーの一人が自殺した知らせを聞いて、動揺する他のメンバー…」という件があって、ちょっと驚いたのを覚えています。
 

Badfinger - Day After Day (1971)

 


これ、聴かれたら解ると思いますが、本当に素敵なメロディの美しい曲ですよね。ビートルズほど華は無いにしてもハーモニーも抜群で、ビートルズの弟分というのも納得です。

 さて、このピート・ハムとトム・エヴァンズを中心に結成されたバッドフィンガーはアイヴィーズ(The Iveys)と名乗ってた1968年、ビートルズが所有するレコード会社のアップル・レコードから「メイビー・トゥモロー」でデビュー。しかし、このシン グルはイタリア、西ドイツ、そして日本でのみ発売されただけで、本国イギリス、アメリカではリリースされず、さほど売れませんでした。

 イギリス、アメリカでの発売が見送られた理由は、当時アップルに就任したばかりの新社長が、アップルの財政状況を調査し終えるまでビートルズ作品以外の リリースを延期。そのため、幻の名盤として1990年代に再発されるまでコレクターズ・アイテムとなっていたそうです。  

 そして、翌年の1969年に再出発することになったアイヴィーズはバッドフィンガーと名前を改め、リンゴ・スター出演の映画マジック・クリスチャンのテーマ曲、ポール・マッカートニーのつくった「Come and get it」(昨日のポイズントーク参照)http://onair-blog.jp/hellofive-koji/index.htmlで再ビューを果たし、Billboard Hot 100のTop10に入る大ヒットとなりました。

1970年にリリースしたセカンド・アルバムからは「嵐の恋(原題:No Matter What)」がシングル・カットされ、Billboard 8位にまで上昇。また、このアルバムには「ウィズアウト・ユー」も収録されていました。

Badfinger - I Can't Live (If Living Is Without You)

 


そして、同年に最初のアメリカ・ツアーに備えて、バンドはスタン・ポリーという当時ニューヨークで評判の良かったマネージャーを雇い入れましたが、この人物は犯罪組織とも繋がりがあり、バッドフィンガーにとっては不利益な契約も交わされました。
 
翌年の1971年には三枚目の彼らの商業的に最も成功したアルバム、ジョージ・ハリスンとトッド・ラングレンがプロデュースした「ストレート・アップ」をリリース。このアルバムには、オイラの大好きな「デイ・アフター・デイ」が収録さていました。

しかし、ビートルズ解散後のアップルは財政的に混沌とし、バッドフィンガーのマネージャーが新たなレコード会社を捜しているのをアップルの社長が知ることになり、両者の関係は最悪に…。

 バッドフィンガーの四枚目にしてアップルでの最後のアルバム「アス」はアメリカでは1973年にリリースされましたが、本国イギリスでは、この制作中に マネージャーがワーナーレーベルと契約したことにより、アップルはバンドをロバに見立て巨大な人参(ワーナーとの巨額な契約)につられるという皮肉的な絵 をこのアルバムのカバーに使用。タイトルもズバリ「尻(Ass)」として翌年にリリースされるという酷いことに…。
 
1974年、ワーナーに移籍してもバンド管理と金銭を中心とした内部の摩擦がひどくなると同時に、メンバーも出入りが激しくなり、あろうことかマネー ジャーの不明瞭なお金のことでワーナーに訴訟を起こされ、バッドフィンガーのリリースが一切中止。1975年前半にはレコード店の棚から全て引き上げられ ました。

 さらに、売り上げに対して全く見合わない給料しかもらってなかったメンバーに対し、ワーナー・ブラザース訴訟が起こされたすぐ後にマネージャーはメンバーに送金するのを中止しました。

 そして、絶望のあまりピート・ハムは「マネージャーを道連れにする」という意味深な遺書を残して、身重のガールフレンドがいたにも拘らず1975年4月24日に首吊り自殺。そのわずか1ヵ月後に娘が誕生しています。

 ピートの自殺から3年後の1978年、バッドフィンガーが再結成されましたが、二つのバッドフィンガーに分かれてしまい、最悪なことに「ウィズアウト・ユー」の利権を巡り係争中だったにも拘らず、さらに訴訟へ。

 そして、1983年11月19日、訴訟に疲れ果てたトム・エヴァンズは、自宅の庭の木で首吊り自殺を遂げてしまいました。

 こうして、結成メンバーの中心だった二人が、自殺をして亡くなったんですねぇ…。

明日の嵐/バッドフィンガー Carry on Till Tomorrow/Badfinger

No Matter What - Badfinger

投稿者:DJ Koji at 01:13 | 趣味

<< 2011/01トップページ2011/03 >>
▲このページのトップへ