<< 前のエントリトップページ
2012年10月15日

SNOOPYの言葉に学ぶ?

チーッス!今日も朝からずーっとお仕事の打ち合わせで、ちょっと疲れちゃったっす。でも、その合間にCMとかのナレーション録りで、コメントをシャウトするのが、何だか息抜きになってますね。やっぱ、基本的にお喋りのお仕事が好きなのかも…?

んじゃ、今日はちょっと笑ったり、感心したりするこんなネタ。少し気分良くなるかもよ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・
「スヌーピー」の言葉に学ぶ?

世代を問わず愛されているスヌーピー。もちろん、知っていますよね。飼い主のチャーリー・ブラウンを、「自分のごはんを出してくれる丸頭の男の子」としか思っていない、こわいもの知らずのビーグル犬。彼がそのすば らしい才能を発揮するのは、犬小屋の屋根の上で空想にふけるひととき。

スヌーピーはさまざまなキャラクターに変身し、壮大な物語を描きます。それはまさに、高い知性と豊かな想像力がなせるワンマン・ショー!?表情と 心で自分の世界を自在に表現するスヌーピーに、人間のような話し言葉はいらないのです。

スヌーピーたちが登場する漫画「ピーナッツ」は、1950年10月2日にアメリカの新聞7紙で連載がスタートしたのです。

私、実は、スヌーピーが出てくる漫画は「SNOOPY スヌーピー」という題名だと思ってました。本当は「ピーナッツ」というんですって。これを知らない人はけっこういるかもしれませんね。

廃れることのないキャラクター・スヌーピー。ただ可愛いキャラクターというだけではこんなにも長い間、世界中の人々に愛されてないと思います。ス ヌーピーの魅力は、スヌーピーとたくさんの仲間たちがとても真っ直ぐな言葉を投げかけているからではないかと私は思います。しかも、作中に出てくる人物は 子どもばかり。子どもならではの主観や考え方、時には大人をも唸らせてしまう言葉がたくさんあるのです。今回、そん なスヌーピーと仲間たちの素晴らしい名言をまとめてみました。

スヌーピーならではの言葉の掛け合いの中に、皮肉たっぷりのものや、思わずクスっと笑ってしまうもの、なんだかジーンと感動しちゃうもの、人生を 考えさせられるものがたくさん詰まっています。


ルーシー「時々,あなたはどうして犬なんかでいられるのかと思うわ…」
スヌーピー「配られたカードで勝負するっきゃないのさ…それがどういう意味であれ」

チャーリー・ブラウン「シーズン最初の試合だぞ、声掛け合っていこうぜ、なんて言うんだ?」
ルーシー「来年こそ見てろ!!」

ライナス「もし一生懸命働いて、欲しかったものを全部手に入れたら、満足かな?」
スヌーピー「飼ってる犬に好かれなかったらむなしいね…」

チャーリー・ブラウン「いつの日か、願いがかなうといいな」
スヌーピー「そうなるように生きていかないとね」

チャーリー・ブラウン「同時にふたりの子を愛する事なんて可能かなぁ…」
スヌーピー「クッキーがふたつあったのを思い出すよ…チョコチップとピーナッツバターでね…ぼくは二つとも愛したよ…」

ルーシー「いつの間にかここまで来てしまったわ!」
スヌーピー「”いつの間にか”じゃない、自分で選んで歩いてきたこの迷路。」

チャーリー・ブラウン「君を幸せにするために一生を捧げられると本当に思ったんだけど・・・」「うまくいかなくてごめんよ」
スヌーピー「ヘイ、どうってことないよ」「僕はとっくに幸せだったもの」

ルーシー「世界がかかえるさまざまな問題を知ったら、そんなに嬉しそうな顔はしていられないわよ!」
スヌーピー「言わないで…知りたくないから」「なんにも知らないって、すっごくしあわせ!」

ライナス「悲しみを癒してくれる薬ってどんなものかなぁ」
チャーリー・ブラウン「一粒のチョコレートと背中を友達がポンと叩いてくれることだよ」

ルーシー「なぜわたしたちはこの地上に置かれたんだとおもうチャーリー・ブラウン?」
チャーリー・ブラウン「他人をしあわせにするためさ」

チャーリー・ブラウン「もしぼくらの役割が入れ替わったらどうかな…もし君が主人でぼくが犬だったら?」
スヌーピー「ぼくが主人だとばかり思ってたけど…」

ルーシー「人生、もううんざり…生まれてからこんなに落ち込んだことはないわ…」
ライナス「そういう気分のときは、感謝すべきもののことを考えるようにするんだ…つまり自分がどういう点で恵まれているのかを考える」
ルーシー「わたしに感謝すべきものがあるとでもいうの?」
ライナス「えーと、少なくとも姉さんを愛している弟がいるじゃない…」

チャーリー・ブラウン「ぼくらのような友情は世界中のお金にも代えがたいね…」
スヌーピー「とは言え、ちょっとお金があったら、もっとクッキーが買えるのに…」

チャーリー・ブラウン「どうしてかなあ…日が沈むのを見てるといつも悲しくなる…」
スヌーピー「クッキーの最後のひとつを食べたみたいにね」

サリー「雨の中でスクールバスを待ってるのは、我々の教育への欲求を示してるのかな?」
ライナス「いいや、我々の人生が権力者によって管理されてることを示してるんだ…」

サリー「車を運転してゆくのは、一体どういう人たちなの?」
チャーリー・ブラウン「働きにゆく人たちだよ・・・」
サリー「働きに?」
チャーリー・ブラウン「昔は、僕らみたいにスクールバスを待ってたもんさ・・・今じゃ一生 毎日働きに行かなきゃなんない・・・」
サリー「ヤレヤレ!それ一体誰のアイデア?」

チャーリーブラウン「いいかい、みんな。今シーズン最後の試合だぞ!みんなの最善を尽くすんだ!」
ルーシー「最悪を尽くしたらどうなるの?」
チャーリーブラウン「君はもう最悪を尽くしてるよ!」
ルーシー「言えてるわね…」

(スクールバスのバス停に並ぶチャーリーと女の子)?女の子「私はどうしてここにいるのかしら」
チャーリー・ブラウン「それがわからないのなら、ここにいる意味はないよ」

チャーリーブラウン「あの作曲家の人生は悲劇的だったんだね?」
サリー「でもロマンチックだわ。」
チャーリーブラウン「ロマンチック?」
サリー「悲劇的な人生はロマンチックなのよ。それが他人の人生ならね。」

【チャーリー・ブラウン】?
◎読書っていうのは冒険の一種なんだ。読むのは新しい場所への旅だ
◎幸福のヒケツは三つの期待とゼロの心配!
◎旅は人を成長させる…新しい国々と新しい人々に出会わずして人は本当に教育されたとはいえない…旅は人をおとなにする…
◎雨は正しい者にも正しくない者にも降るのさ
◎つまり、ひとりの子に、他のもうひとりより君が好きだって、もうひとりの気持ちを傷つけずに言えるかな?
◎ある日は元気…次の日は落ち込む…ぼくには上がったり下がったりがありすぎるんだ…命づなで人生に吊り下げられてるんだと思うよ…
◎おやすみ、親友…明日は新しい日だ、どんなすばらしいことがあるか分からないぞ!
◎人生という本にはうしろのほうに答えがかいてあるわけじゃない

【スヌーピー】
◎安心っていうのは車の後部座席で何の心配もなく眠れることなんだよ
◎同じこと考えても深夜と昼間とじゃ答えが違ってくるね…
◎友情の中には最初からダメになる運命のものもあるもんさ!
◎死にたくない!死ぬには若すぎる!死ぬにはいい性格すぎる!死ぬには「ぼく」すぎる!

【ライナス】
◎人生のゴールは何ごとについても大人になることさ…

【ルーシー】
◎あなたのいけない所はね、自分を信じないことよ!自分の能力を信じてないのよ!
◎あなたは人生を無駄に過ごしてると思うわ…あなたに出来る千ものことがあるに違いないというのに…
◎人生って買い物カートみたいな物なの!私たち一人一人カートを持ってる、そして世界はスーパーなの!世界は素晴らしい物でいっぱい…あなたの カートを押して行くのよ!そのカートがあなたの人生よ!押すのよレジまで!

【マーシー】
◎救急法のクラスで習ったんですけど、もし誰かの気持ちを傷つけたら、一番いい治療法はただちにあやまることです…

【ペパーミント・パティ】?
◎歴史はいつだって午前中に学ぶべきよ、何かが起こる前にね…

http://celeb-style.jp/blog/787/
☆スヌーピーキャラクター紹介☆
http://www.snoopy.co.jp/archives/who/

■今日ネタ
ん?ご機嫌斜め?そんな時は、ほら、これで笑って!
http://dailynewsagency.com/2012/10/13/the-best-scared-bros-at-a-an4/
同じテーマのコスプレを男女で比べてみた?
http://ck.blogmag.livedoor.com/ck/20120015c2daa8944dee118042/
「みんな無茶しちゃって…」この夏、ハメを外し過ぎた人々の写真18枚?
http://labaq.com/archives/51765517.html
日本の平均労働時間は意外に短い?
http://ck.blogmag.livedoor.com/ck/20120015b944df82c557e7b9fa/
空缶で作った人形のクオリティが凄い?
http://ck.blogmag.livedoor.com/ck/2012001573d9241632f1b516ac/
スリッパの法則?
http://webdirector.livedoor.biz/archives/50380402.html
あゆ"すっぴんジャケット"に2ch立腹?
http://ck.blogmag.livedoor.com/ck/20120015d6e8817563108cede9/
こういうことだと思ったよ:“日本は借金大国”は真っ赤なウソ?
あと4年は、景気を回復させるな?
http://blogos.com/article/48283/
14歳のマイケル・ジャクソンの娘が「老けている」と話題に?
http://news.livedoor.com/article/detail/7041997/
米CNN「深手負ったのは中国企業」?
http://news.livedoor.com/article/detail/7041932/
「おいしい給食はNG」当局が通達?
http://news.livedoor.com/article/detail/7042622/
“バイオリン没収事件”の裏事情?
http://news.livedoor.com/article/detail/7041457/

投稿者:DJ Koji at 19:08| ニュース