2017 年8 月18 日

愛するひとのゆりかご


ようこそ 夏の明るい虚無の世界へ
ここでは誰もが こどもでいることを許されている
あの夏の花火のような恋
蝕まれて
蝉の鳴き声
熱く
疲れ果てて
息もできない
幸福な瞬間
、、、、、、、
アラーキーさんのセンチメンタルな旅写真展から、陽子さんとチロちゃんを描きました!

色鉛筆で描きました。

アラーキーさんが撮影した中で、妻の陽子さんが唯一すきだと言った
小舟で眠る写真。

この写真から、吉増剛造さんが死の舟という素晴らしい詩を書いてます。

最近になってアラーキーさんは、死の舟でなく、舟で眠る陽子さんが、ゆりかごの中の胎児のように見えるそうです。

愛猫のチロちゃんをプラスして、お花畑にしました。

夏だけがもつ揺らぎ、せつなさ、もがき、
すべての大人が夏休みの記憶に思いを馳せる

バテるけど、真夏の魔力は誰もをロマンチストにしてくれます。

投稿者:マツえもん、修造at 23 :24 | 日記

2017 年8 月16 日

すごいよ!「みんぱく」

県立歴史博物館で国立民族博物館コレクション展「イメージの力」を9/3まで開催中です。

パプアニューギニアの神さまの像つきの椅子!!大きいです^^

選ばれた人しか座っていけない神聖な椅子です。

わたし、姿勢が悪いです。お腹がでてヒッチコックのシルエットみたいだ。気をつけなはれや。

世界の仮面と、わたし^^ タイガーマスクがわたしのすぐ後ろにいます。

タイガーマスクは日本のプロレス発祥だと思っていたが世界にあったのか>< 

タイガーはジャガーのことなんだそうです☆

テシ ガーナの棺桶!! ライオンや酒瓶の形をした棺桶です。

ライオンの棺桶は猟師さん用とのことで、

その人にまつわる棺桶を作る習わしがあるそうなのです!!

国立民族博物館は大阪の万博公園の近くにあるので

太陽の塔も遊びに来ています。

記念撮影できますよ^^大阪に旅した気分になれました☆

これはマプト モザンピークからやってきたアート。

材料は鉄砲です。武器をアートに変えることで、平和を訴える作品です。

終戦の日の昨日見られたことに意味を感じました。

犬がのんびりと歩き、お母さんと子どもが自転車に乗るアート。

これも武器でできています。世界の民族のイメージの力を体感できる貴重な機会です!

太陽の塔と平和アートのスペースは無料ゾーンです。

お散歩の時に寄ってみてください^^

投稿者:マツえもん、修造at 12 :19 | 日記

2017 年8 月14 日

武蔵商店街「マリー・アン」でロマンチックテイスト♪

とーてもかわいいお店「マリー・アン」さんに取材に行ってきました^^

このお店のテーマは「花」 とにかく花咲く世界観でロマネスク!

めいてつエムザの裏 スタジオ通りにあります☆ 

エムザの駐車場のあるビルの1階です!

岡山のブランド「サエラ」の商品を扱っていて

全国一販売されたという黒いジャケット! あじさい風の花がエレガント☆

袖を通すと、白い花が立体的に咲いてお嬢様スタイルに☆

この花びら一枚一枚が熱処理をされていて、

洗濯機で洗ってもいいほど丈夫!さすが日本産!!

おすすめの夏コーデ! ひまわりのサンダルもかわいい^^

私のお気に入りはこの白と黒のワンピース!

特に白いワンピースはケープ風のジャケットがついていて王妃みたいです!

ショーウィンドのワンピも素敵ですよ^^

お花の雑貨もたくさん販売しています☆

ちょっとしたプレゼントに喜ばれそうです^^

この一角が好きすぎて>< もうこのお人形さんになりたい!!

お店に飾られた布花はすべて店長さんの手作りです!

見事なセンスにうっとりしてください!


フリルいっぱいの豪華なパジャマやエプロンもあります。

取扱いブランド「サエラ」のHP
http://www.caetla.co.jp/

松本清美店長と^^ もともとは取扱っているブランド「サエラ」のファンだったそうで

今や武蔵商店街で20年目。

店長の「サエラ」デビューは、花嫁になる時に

ご家族からエプロンなど一式を揃えてもらったのがはじまりなんだそうです。

プリンセスストーリーみたいですね^^ 花が大好きな店長さん。

内側から花咲くオーラがあって話すとご利益がありそうな可愛い方で

本当に接客業に向いていらっしゃいます。

自分が買い物するときにイヤなことは絶対したくないとのことで、

お客さんには似合わないものや迷っているものは進めないと決めているそうです。

初めての方も安心してお出かけください^^♪

投稿者:マツえもん、修造at 11 :10 | 日記

2017 年8 月11 日

踊るぽんぽこりん、LAVIT(ラビ)さん!


ダンサー、振付師、作詞作曲、演劇、なんでもできちゃうラビさん。

オリジナルのラビさんマークをつけたTシャツもあって

ファンの皆さん(ラビンチュ)がおそろいで着て応援しているんです。

写真でラビさんが着ている黄色のTシャツだよ^^

彼のジェンダーレスな生き方、明るくハッピーな世界観^^

石川県でとってもめずらしい個性!

普段からとぼけていたり、鋭かったり、輝いていて美しい☆

面白さが、りゅうちぇるさんにとっても似ている!

ついに石川県にもこういうユニークな才能が現れた!

どっちに転んでも生きていけるよ・・・

人に変人よばわりされても好きなものを見つけよう・・・

ラビさんの存在が、うまく現実と折り合いがつかない若者を救うはず。

もっともっと活躍してほしい逸材です^^

番組でご紹介した二人芝居「ヤンキーショップタカハシ」を見てきました。

芝居の中で歌って踊るシーンもあって、これはラビさんしかできない><

お芝居もすごく自然で上手でびっくり! 立ち居振る舞いの美しさは

ギリシャ彫刻が人になったようでしたぁ^^ 王子!!!でも親しみやすい^^

常に笑いをとりにいく姿勢がすてき☆

ラビさんHP
https://www.facebook.com/lavit.dance/?fref=ts

8/26(土)19:30〜 @石浦神社
パフォーマンス「ねがいごと」
神社にて祈りのダンスを披露

10/13.14.15(金土日) @金沢アートグミ
100いまるまるとOtnk音の樹 ライブ

投稿者:マツえもん、修造at 16 :27 | 日記

2017 年8 月9 日

すごいよ、河鍋 暁斎さん

県立美術館で開催中の河鍋 暁斎展に行ってきました。

いや〜><凄まじかったです。絵が好きな人はこの夏休みに必見!!!

カエルの合戦図!

↑ほんの一部分でもっと大きい絵で、

カエル一匹ずつが闘ったり防衛したりしていて

すごくおもしろい!!見ていてたのしい!このアイディアがすごい。

得意なのは「カラス」だったそうで、いろんな角度から書いた

カラスもすごくかっこいいんです。

カラスって神社の神様にもなっているし、とても神聖な生き物でもあるんですよね。

カラスはゴミの問題では人間と対立しているけれど、その形の美しさに目覚めると

街で見かけたときに孤高の鋭さを感じられます。
スリラーのポーズ☆
妖怪も大得意でした。ロックな骸骨の絵もしびれるうまさ。

縦横無尽に何でも書いて、何でも書けた、これぞ絵師。

もっといろんな絵を見てみたい。

県立美術館で開催中です☆

投稿者:マツえもん、修造at 14 :01 | 日記

2017 年8 月7 日

レディー加賀 魯山人を想い、海と神社を歩く

日曜美術館が魯山人だったので、ゆかりの魯山人寓居跡 いろは草庵に行ってきました。

同じ誕生日なこともあり私の理想像の樹木 希林さんも魯山人の大ファン。

同じ時代に生きていたら、離婚しないでずっとつかず離れずいたいとのこと。

現在の結婚生活を思わせてにやりとしてしまう、パンチのある素敵な一言。

こうした当意即妙の連続に脱帽です。

魯山人ゆかりの百日紅が見ごろでした^^ 

料理人、陶芸家、書家など、マルチな才能を世界に認めさせた魯山人!!

型破りという言葉がぴったりな独自の芸術の道を作りだしました。

これはもうロックですね。

普段も破天荒な一面があり、マンガ「美味しんぼ」のモデルになった料亭では

高い美術品を経費で買って解雇に。

そこで訴えるぞと言われたところ、仲介に入ったのが石川県の粋人であったのです。

無名のころに魯山人の才能を支援していた、山代温泉の皆様についてはこちら↓

http://tabimati.net/midokoro/detail_kanko.php?p=1933

魯山人はとてつもない美意識で孤高の存在だったんですね><

今だったらすごく叩かれているかも。昔の大らかな時代が生んだスターとも言えます。

風流を愛する旦那衆がいて、芸術家を大目に見たり、

芸術家が芸術家としてできる仕事がたくさんあった時代。今とはちがいますね。

しかし、魯山人は親しい人にはやさしい言葉もたくさんかけていたようで、

どんな人だったのか気になります!!

天才は周りの人を巻き込む宿命にある・・・という一般論がまた当てはまる話です。


近くの服部神社にて。魯山人も参拝したのでしょうか。雰囲気のある素敵な場所でした。

夏の坂道が絵になります。蝉の声が辺り一面から聞こえました^^

温泉街だから夏の家族旅行も多く、こどもの忘れ物が落ちていましたよ。

怪傑ゾロリin加賀☆

帰りは近くの加佐の岬へ。


絶景かな!楽園のような海でした><

何も合成していなくて、本当にこんなに綺麗なんです><

夕日がまたいいらしいので、涼しくなったらまた行ってみたいな^^

投稿者:マツえもん、修造at 11 :17 | 日記

2017 年8 月4 日

写狂老人A

東京オペラシティで開催中です☆

最近はまっていものは?と聞かれて「アラーキー」と答えました。

展示は写真の撮影が自由だったので、

友人にアラーキーさんの最新写真を見せて絶賛自慢中。

大学生の時からファンだけど、片目が見えなくなってから撮影する

アラーキーさんの写真、凄まじいのです。

花瓶の中で枯れてゆく花々、電線だらけの空、人妻の明るい虚無感、

まるで生き物のように光る器の中の食べ物、

毎日アラーキーさんの写真を眺めて、ぼんやりしています。

夏の暑さの手も借りて、ぼんやりし続けて

もやもやっとした形にならない霞のような感情が蓄えられて

膿になるのか。影になるのか。糧になるのか。

日常に潜むアラーキー的瞬間に気づく人でありたい。
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/exhibitionreport/1069795.html

アラーキーさんがいつも撮影している「枯れた花」の魅力に今年開眼しました。

馬場俊英さんも年をとったら園芸で育てている花が枯れているのもきれいに見えて

と話していて、私も今年ようやくその境地に!!

くたくたのよれよれでも美しい花はすごいです。

投稿者:マツえもん、修造at 12 :21 | 日記