<< 2018/05トップページ2018/07 >>
2018年6月25日

ブティック カキモト(武蔵商店街)


初めてブティックカキモトさんに行ってきましたー^^

武蔵商店街の重鎮 柿本さんに商店街の歴史を伺いました♪

帽子がとってもお似合い。常連のミセスの相談にいつものっているので

紳士的で安らげる雰囲気! とっても福耳な柿本さんです。

柿本さんにコーディネートして頂きました☆

このスカート!!すごく可愛い><

今の季節にぴったりな薄手の生地で、しかもゴムだから履きやすい!

フリルのブラウスも可愛い!親子3世代で着まわせます^^

アクセサリーも素敵なのがたくさんありました♪

特に真珠の蝶のブローチ!ほしいです><


ちょっとした贈り物にぴったりな紫外線対策のスカーフもおすすめです☆

色とりどりで涼しげですね^^ぜひお出かけください☆

投稿者:マツえもん、修造at 13:45 | 日記

2018年6月21日

偏愛ブックス

読書の時間は生きる至高。

個展では私のひみつの本棚を設置しました^^

そのリストを公開します☆ 

中身はそんなでもないが、その作家さんがただただ好きという本もあります。

好きすぎてお祀りしている本もあります。気になったらぜひ読んでみてください^^

こんな私におすすめの本があれば番組にメッセージをお願いします☆


わたし。という変なひとをかたちづくった変な本たち。

この本を足して割ったらわたしのようなひとができあがります。

変じゃないひとは世の中にはいない。

誰かを変だとばかにするひとが一番きらいです。

変とは、この世界にたったひとつの最愛を意味する言葉です。

ああ、変愛!!恋愛!?


・ 室生犀星「或る少女の死まで」他二編(岩波文庫)
・ フランソワーズ・サガン「悲しみよ こんにちは」(新潮文庫)
・ 山崎豊子スペシャル・ガイドブック 不屈の取材、迫真の人間ドラマ、情熱の作家人生!(新潮社)
・ 佐野洋子「シズコさん」(新潮文庫)
・ 向田邦子「思い出トランプ」(新潮社)
・ 瀬戸内寂聴「烈しい生と美しい死を」(新潮社)
・ 斉藤明美「高峰秀子の流儀」(新潮社)
・ 尾崎豊「NOTES―僕を知らない僕 1981-1992―」(新潮社)
・ 二階堂奥歯「八本脚の蝶」(ポプラ社)
・ 車谷長吉遺稿集「蟲息山房から」(新書館)
・ エレファントカシマシ「宮本語録集」(株フェイスミュージックエンタテインメント)
・ 冨樫義博「HUNTER×HUNTER」(集英社)
・ 坂口安吾「堕落論」(角川文庫)
・ 田辺聖子「ジョゼと虎と魚たち」(角川文庫)
・ 伊集院静「逆風に立つ 松井秀喜の美しい生き方」(角川書店)
・ 増田セバスチャン「家系図カッター」(角川グループパブリッシング)
・ 松任谷由実「ルージュの伝言」(角川文庫)
・ 松任谷由実「才輝礼賛」(中央公論新社)
・ 吉本ばなな「ハチ公の最後の恋人」(中公文庫)
・ 高橋真琴「おやゆびひめ」(小学館)
・ オノ・ヨーコ「ただの私」(講談社文庫)
・ 奥田英朗「ガール」(講談社文庫)
・ ナンシー関「ナンシー関大全」(文藝春秋)
・ 山崎努「山崎努読書日記 柔らかな犀の角」(文藝春秋)
・ 山口洋子「ザ・ラスト・ワルツ「姫」という酒場」(文春文庫)
・ 立花珠樹「岩下志麻という人生」(共同通信社)
・ 阿久悠「どうせこの世は猫またぎ」(毎日新聞社)
・ 山之内遼「47都道府県の順喫茶」(実業之日本社)
・ 中島らも「その日の天使」(日本図書センター)
・ 香川照之「日本魅録2」(キネマ旬報社)


次はまんがのみを集めてやってみたいです^^

まんがを読んでいる時が一番しあわせ。学生時代はまんが博士を目指していました。

投稿者:マツえもん、修造at 11:36 | 日記

2018年6月18日

百万石バルでハイボールが100円になるのだ

武蔵商店街を紹介するコーナー「武蔵で逢いましょう〜りえのきらきらムサシ散歩」

今月から復活です。昭和の香りが残る商店街が大好きなので、

毎回取材がとっても楽しみなのですよ。

エフエム石川のご近所さん、百万石バルを訪ねました^^

サッカー観戦でもにぎわうお店です☆

橋本店長の声が、池松壮亮さんの声にそっくり><むは〜ダンディーです。

金沢でおいしいパエリアを食べたいなら、ぜひぜひ百万石バルへ!

近江町市場の新鮮な海鮮いっぱいに、いらっしゃいませ〜^^

月替わりのパエリア、
ゴールドラッシュ(旬の甘いとうもろこし)とトマトのパエリアを頂きました。

ドリンクが豊富なので飲み会にぴったり☆

ぜひ頼んでほしいのがチーズたっぷりカジョス(牛もつ)とフランスパン。

本当に美味しい><はぁ〜ピザ、ビーフシチュー、チーズが好きな人は食べるべし。

この百万石バルでご飲食頂いた際に使える「ハイボール何杯飲んでも1杯100円券」を10名様に差し上げます。

有効期限は2018年7月末までです。

7月の一か月間はハイボールを1杯100円で何回でも楽しめます!
お得な100円チケットを手に入れて、ぜひ夏の夜をお楽しみください☆

住所、氏名を書いてご応募ください。
たくさんのご応募お待ちしております!
http://hellofive.jp/program/ciao/index.html

投稿者:マツえもん、修造at 10:49 | 日記

2018年6月11日

四月の永い夢

最年少の20代にして東京国際映画祭2年連続入選を果たした
中川龍太郎監督の最新作「四月の永い夢」。

もともと詩人の監督なので、タイトルやセリフの言葉が

詩のようで語感がとても美しいです。

第39回モスクワ国際映画祭にてダブル受賞を果たした作品は、

アニメ映画「かぐや姫」の声をした朝倉あきさん、三浦貴大さん、川崎ゆり子さん、高橋惠子さんらが出演!

朝倉あきさんの透明感たるや、かぐや姫が現代で恋しているようでした。

ロケ地となった富山県朝日町は「おおかみこどもの雨と雪」の舞台ともいわれる場所です。

中川監督にインタビューしました^^ 次の是枝監督になるのでは!!

これからが楽しみです^^

きのこ坊やもいい位置に置いてくださって、あきさんがきのこを見つめてますよ☆

この映画はラジオがたくさん出てくるんですよ。

ラジオ大好きな中川監督がラジオがもつ音楽の魅力、語りの魅力、

人と人をつなぐ魅力、全部をつめこんでくれました。

ありがとうございます! 全てのラジオ好きがお礼を言うべき映画でした^^

中川監督は寅さんが好きなので、昭和なスポットがたくさん出てくるんです。

純喫茶、銭湯、公民館、そば屋などなど、

昭和好きとして映画を見てのんびりできました。

ラジオと昭和が好き。私の人生の大事なキーワードです。

投稿者:マツえもん、修造at 16:29 | 日記

<< 2018/05トップページ2018/07 >>
▲このページのトップへ