<< 前のエントリ |メイン | 次のエントリ >>
2018 年06 月21 日

偏愛ブックス

読書の時間は生きる至高。

個展では私のひみつの本棚を設置しました^^

そのリストを公開します☆ 

中身はそんなでもないが、その作家さんがただただ好きという本もあります。

好きすぎてお祀りしている本もあります。気になったらぜひ読んでみてください^^

こんな私におすすめの本があれば番組にメッセージをお願いします☆


わたし。という変なひとをかたちづくった変な本たち。

この本を足して割ったらわたしのようなひとができあがります。

変じゃないひとは世の中にはいない。

誰かを変だとばかにするひとが一番きらいです。

変とは、この世界にたったひとつの最愛を意味する言葉です。

ああ、変愛!!恋愛!?


・ 室生犀星「或る少女の死まで」他二編(岩波文庫)
・ フランソワーズ・サガン「悲しみよ こんにちは」(新潮文庫)
・ 山崎豊子スペシャル・ガイドブック 不屈の取材、迫真の人間ドラマ、情熱の作家人生!(新潮社)
・ 佐野洋子「シズコさん」(新潮文庫)
・ 向田邦子「思い出トランプ」(新潮社)
・ 瀬戸内寂聴「烈しい生と美しい死を」(新潮社)
・ 斉藤明美「高峰秀子の流儀」(新潮社)
・ 尾崎豊「NOTES―僕を知らない僕 1981-1992―」(新潮社)
・ 二階堂奥歯「八本脚の蝶」(ポプラ社)
・ 車谷長吉遺稿集「蟲息山房から」(新書館)
・ エレファントカシマシ「宮本語録集」(株フェイスミュージックエンタテインメント)
・ 冨樫義博「HUNTER×HUNTER」(集英社)
・ 坂口安吾「堕落論」(角川文庫)
・ 田辺聖子「ジョゼと虎と魚たち」(角川文庫)
・ 伊集院静「逆風に立つ 松井秀喜の美しい生き方」(角川書店)
・ 増田セバスチャン「家系図カッター」(角川グループパブリッシング)
・ 松任谷由実「ルージュの伝言」(角川文庫)
・ 松任谷由実「才輝礼賛」(中央公論新社)
・ 吉本ばなな「ハチ公の最後の恋人」(中公文庫)
・ 高橋真琴「おやゆびひめ」(小学館)
・ オノ・ヨーコ「ただの私」(講談社文庫)
・ 奥田英朗「ガール」(講談社文庫)
・ ナンシー関「ナンシー関大全」(文藝春秋)
・ 山崎努「山崎努読書日記 柔らかな犀の角」(文藝春秋)
・ 山口洋子「ザ・ラスト・ワルツ「姫」という酒場」(文春文庫)
・ 立花珠樹「岩下志麻という人生」(共同通信社)
・ 阿久悠「どうせこの世は猫またぎ」(毎日新聞社)
・ 山之内遼「47都道府県の順喫茶」(実業之日本社)
・ 中島らも「その日の天使」(日本図書センター)
・ 香川照之「日本魅録2」(キネマ旬報社)


次はまんがのみを集めてやってみたいです^^

まんがを読んでいる時が一番しあわせ。学生時代はまんが博士を目指していました。

投稿者:マツえもん、修造at 11 :36| 日記