2017 年11 月16 日

日本画家 古澤洋子さん個展「青い星」

今年から本格的に絵を書きはじめ、気持ちは画伯!

絵は心が現れるので、本気で書かなくてはいけないし、

気分が乗らない時に書くとすぐわかっちゃうから不思議です。

激情のまま暑苦しく書いていたとしても、どこかでバランスは考えてしまうものです。

アーティストの友人やギャラリストの話を聞くと、

その絵を飾りたいと思えるか、が肝心みたいです。

私は学生時代は美術部、大学を卒業後は工芸品の会社に勤め

休日には美術館めぐりを趣味とし、アートはいつもそばにありました。

そんな私がずっと憧れてきたのが日本画・・・

美大に行くなら、絶対に日本画を学びたいとひとりごとを言ってきました。

だけど、絵に本気になるには才能も時間もやる気もないと逃げてきたのです。

だから古澤さんの絵を知った時は、こんな風に生きたかった!と

どっかーんと雷に打たれるが如く感動しました。

古澤洋子さんは石川県で女性で今最も注目されている日本画家です。

美術界もやはり男性が主体な中、独学で極めてきた古澤さんは

絵と同じく、本人も美貌の持ち主で物語のヒロインみたい!

でも気どらない方で女性ファンからは宝塚の如く支持されています。

絵の先生なんかは「まだ書き込みが足りないな」と指摘することがよくあります。

どこで筆を置くかはとても難しいのですが、

古澤さんの絵を見ると、完成まで労力を惜しまず、

全てをそそいで書き込み尽くしたことが伝わってきます。

この世界に住む人々の悲喜こもごものいとなみを思い描き、

光りに向かって祈るように書いていらっしゃるので

色彩の重なりが奥深く、世界の秘密を覗き見たような

幻想的な美しさに惚れ惚れします。

日本画の伝統にのっとってモチーフは自然の風景なのですが、

そこに古澤さんの幻想世界が混ざり、どこか絵本のような雰囲気に!!

古澤さんは時間が足りないほど「一心不乱に描く」そうです。

その言葉がぴったりで、冷静な情熱で描かれた絵は圧倒される力に満ちています。

これぞ絵を書くために生まれた人の絵だなと真摯な気持ちになりました。

日本画家の古澤洋子さんの個展「青い星」は
北國新聞交流ホールで今度の日曜日19日まで催されています。

入場は無料です。この絵は私が一番好きだなって思った作品です。

この絵をおうちに飾りたい。ずっと眺めていたいです。

日本画ならではの岩絵具の光がまばゆいです。

自然から頂いた道具で、地球に絵を、人間の創造力をお返しするような仕事ぶりです。

石川県から世界へ。更に古澤さんに女性の時代を作ってほしいです。

私も心のもやもやを浄化させるために、冬ごもりしつつ絵を書きたいです。

イエモンのJAMの歌詞のように、

素敵な物が欲しいけど、あんまり売っていないから(予算もないしね)

 好きな絵で歌いたいです^^

投稿者:マツえもん、修造at 15 :23 | 日記

2017 年11 月13 日

武蔵で逢いましょう〜フレンチ食堂「ラシック」

かなざわはこまちの隣、スタジオの向かえにあるLA CHIC(ラシック)!

武蔵商店街だけど、ここだけはもうパリの街角^^

気分はパリジャンです。

お店の内装もおしゃれなのに居心地がよくて、きょろきょろしちゃいます☆

宇ノ気出身の榊原シェフ! 

天性の才能で美味しい料理をどんどん作りだしてしまうのです^^

気さくな人柄がにじみでたやさしい味なので、

洋食だけどこってりしていなくて、日本人好みな味ですよ♪

榊原シェフのお料理が幸せな味で、

このように最近で一番満面の笑みの写真になりました。

フレンチだけど、食堂の雰囲気を大事にしているので肩肘はらずに過ごせます☆

0歳から来店がOK!ベビーカーも歓迎してもらえます☆

おすすめの一品は秋鮭と能登牡蠣のパイ包みスープ。1000円☆

パイの中はたっぷりのクラムチャウダーでおなかいっぱい^^

スープのクルトンが大好きなんですが、

パンをシチューにひたして、やわらかくして食べると

とろとろでなんとも美味!ワインにも合います☆

ぜひ注文してくださいね^^

このお店はどれも美味しいです!

ランチは能登豚が人気ですよ^^ 

ディナータイムはぜひシャンパンやワインを楽しんで^^

クリスマスディナーが毎年人気です☆予約はお早めにどうぞ♪

投稿者:マツえもん、修造at 11 :41 | 日記

2017 年11 月8 日

ゆず坊やになりました☆

第1回金沢ゆず香るん祭りが金沢市立東浅川小学校で
今度の日曜11月12日午前10時から午後3時まで開催されます!

あ、どうも。きのこ坊やです。

ゆず坊やになってみました。

お祭り当日はスタッフの皆さんがゆずベレー帽をかぶるそうです!!

あ、どうも。松岡ゆずりえ になってみました。

ゆずは葉っぱの形がハートが二つあるみたいで、かわいいんですよ^^

とってもいい香りです。金沢ゆずを使った美味しい物がたくさん並ぶそうです。
ゆず農園の田中さん! 農業女子です^^
500本もの木を育てているそうですよ^^ すごいですね!!

ゆずの木は棘がいっぱいで収穫が大変なんだそうです。

初夏にはとってもかわいい白い花が実るそうですよ。

この冬は金沢ゆずでゆず茶を作ってのどを潤します><

金沢ゆずを楽しみましょう!!

詳しくは
https://www.facebook.com/kaorunmaturi/

投稿者:マツえもん、修造at 09 :01 | 日記

2017 年11 月7 日

オペラ「プッチーニのトスカ」

河瀬直美監督 初演出のオペラが11月8日(水)金沢歌劇座でいよいよ上演です^^

アンジェロッ太を演じる富山県高岡市出身の声楽家(バス)

森雅史さんがチャオに出演してくださいました^^

玉山鉄二さんやTOKIOの長瀬さんに似ている超絶イケメン!

朝ドラに出演したらたちまち大ブレイクだと思います。

思わず、まばたきを忘れましたよ><

その美声にリスナーさんもうっとり^^

栄養ドリンクよりもイケメン・・・スタッフの鯛さんから金言が出ました。

まさにその通りで、週末忙しくて疲れ気味だったけれど、疲れが吹き飛びました。

高校時代、ブラスバンド部の先生が声楽をしていて、

オーケストラをバックに歌うことを夢見て、国立音大へ。

その後はイタリアに留学! 

イタリア語は友人に学び、指導してもらうのに必要な語学を習得。

イタリア国内のオーディションを受けて、劇場の研修所へ。

客席の一番後ろにも伝わるような演劇の所作や

心で歌うことこそ本物の美声であることを学んだそうです☆

120キロはあったこともあるそうですよ!!

私の大好きなマンガ「のだめカンタビーレ」「ピアノの森」

そして一条ゆかりさんの「プライド」の世界を感じることができました^^

ちなみに今は恩田陸さんの「蜜蜂と遠雷」をようやく読んでいて

頭がクラシック畑におります。

きのこ坊やに丸かぶりして頂きました♪
普段は三枚目なんだそうです^^ かっこよくておもしろい人が一番モテますよね。

私の心の弟であるイケメンやっくんも必ず写真では変顔をするんだけど、

本当にすごすぎるイケメンはなぜか変顔をする法則があります。

SNSでの本物のイケメンの見分け方です。ご活用くださいませ。  

投稿者:マツえもん、修造at 12 :20 | きのこ

2017 年11 月6 日

宮廷画家ルドゥーテとバラの物語

植物画(ボタニカルアート)を書くことにはまっています。

そこで、花の画集を見ていて出会ったのがルドゥーテ!!

まさにバラの香りがしてきそうな乙女心をノックアウトする絵><

それもそのはず!!

なんとルドゥーテはあのマリーアントワネットに仕えていたそうなのです!

そしてフランス革命が勃発☆ 塔に幽閉された王妃のために

月下美人の絵を書いて贈ったという記録もあるそうなのです。

その後はなんと!そのフランス革命を行ったナポレオンの妻

ジョゼフィーノお抱えの植物画家になったのです。

ジョゼフィーノはバラの収集家としても

有名な花を愛する女性だったそうなんです。

わぁ^^ ベルばら好きとして、出会うべくして出会った本がこちら!!

我が理想のバラなり!!

まさに歴史に残ったバラの絵です。

なぜ歴史に残ったのか? それはやっぱり絵の魅力ですよ。実力なんですよ。

こんなに文明が発達したのに、このバラよりも素敵なバラがないってすごいことです。

かつて、ルドゥーテが描いたバラの中にはもう絶滅してしまった種もあるんです。

まだカメラがなかった当時は、絵にして後世に残すという大きな使命をもって書いていました。

どの角度で、どの色で書けば、最もバラの美しさを伝えることができるのか?

そう考えて描いたからこんなに素晴らしい絵になったのです。

その瞬間を切りとる時、歴史の証人となって、これを後世の人々に残すために

私は生き、向き合う。。。そんな気持ちで趣味を楽しんだら、

もっと深い世界に行けるのではないかな。

投稿者:マツえもん、修造at 11 :10 | 日記

2017 年11 月3 日

東山さんぽ☆三藤観映さんの書の世界!!

きょうから東山のカフェギャラリー「桃組+晴組」にてはじまりました

七尾市の願正寺住職 三藤 観映さんの書展!!!行ってきましたぁ☆
入場無料です☆

町家の空間に合わせて、書が展示されているので、

金沢らしい和の空間もたっぷり味わえて、心の洗濯ができました。

三藤さんがとにかく気さくで面白い人気者のご住職なので

どんどんお客さんがいらっしゃっていました。

初めて見に行く方でも大丈夫です!

「書」ってなんだか難しそう・・・ 

きれいな字に憧れるけど、本当にすてきな字ってどういう文字なのかな?

わからない人にオススメなんです☆

三藤さんの書は人柄が出ていて、あたたかく、美しく、凛としていて、厳しく

まさに見本にしたくなる文字です。

一流にふれておけば、次に書にふれた時に自分のものさしができていて

わかる面白さが広がりますよ。 ぜひお出かけください^^ 

東山の町屋ギャラリーも楽しめて、秋の金沢さんぽにぴったりですよ^^

浅野川の紅葉もきれいでした!!

去年取材した模様です↓
http://onair-blog.jp/hellofive-rie/archive/day20160624.html

投稿者:マツえもん、修造at 16 :19 | 日記

2017 年11 月2 日

17歳と加山さん

加山雄三さん・・・若大将シリーズにはまり小学生でファンに!


そして日本画家 加山又造さん・・・

高校生のとき、毎週みていた日曜美術館で知ってひとめぼれ。

私が17歳のとき、加山さんが京都の天龍寺に龍の天井画を描かれたのです。

ここから私の日本画好き人生がスタートしたのです。

放課後は、今はなくなってしまった某書店の

参考書の近くにあった美術本コーナーで

加山さんの画集を見てうっとりしていたものです>< 

ずっと見たかった天龍寺にたまたま取材で立ち寄ったのが5年前。

そして今年加山さん生誕90年を記念して開かれた

京都高島屋での展示を偶然知り見てまいりました>< むはー

京都の地元新聞のLINEに登録していたおかげ! 

SNSの発展に感謝!! 

たぶん石川県のことを知りたい県外の人も多いと思うので

こうしたSNSでの発信ってやっぱり効果がある気がしました^^

しかし、高校生の頃からずっと憧れてきた加山さんの作品が

まさか生で絵が見られる日が来るなんてミラクル!

大人になると若さと野望は失うけれど、堅実な実行力は増しますね。

あと、これもまたSNSで周りの友人のリア充な投稿を見て

負けられん、と燃えたのもよかったのかもしれない。

加山さんは猫の絵をたくさん書いていらっしゃいます。

もしかしたら、猫好きになったのも加山さんの影響なのかも、

猫の絵が書かれたロックな黒いジャケットが販売されていて、

うぅ ほしかった><

新潟の美術館でも回顧展が開かれていました↓
https://kinbi.pref.niigata.lg.jp/tenran/kikakuten/kayama-matazo-ten/

桜と鶴、猫と龍がイメージだったのですが、美人画もすごかったのです。

上記のHPにも掲載されている「はなびら」は

こんなすごい美人画が世の中にあったのか、という驚きでした。

夜桜の絵なんて、本当に花見をしているみたいな静けさがただよっていました。

年をとったら自分の好きなこと、好きなものしか要らない傾向が強くなるようです。

最近の私はめっきり好きなものを渇望しており、アートにばかり目が行きます。

投稿者:マツえもん、修造at 10 :44 | 日記