<< 前のエントリ |メイン | 次のエントリ >>
2016 年03 月14 日

当院で行っている主な産婦人科手術

当院の手術の特長は、術後に不必要な点滴や食事制限、行動制限をしないことで体の回復が早いです。そのため早期の退院が可能で、また手術当日の入院なので入院日数が短いです。

 

【帝王切開術】

 ・お腹の下の方を横に切開しますので、傷の治りがきれいで目立ちません。

・腰椎麻酔(下半身麻酔)で行います。

 ・術後7日目での退院です。

 

【子宮頚部円錐切除術】

 ・子宮頚部の異形成〜上皮内がんに対する手術です。

 ・硬膜外麻酔で行います。腰椎麻酔よりさらに体の負担が少ないです。

 ・12日の入院です

 

【膣閉鎖術】

 ・子宮脱の手術です。子宮を取らないので体の負担が少ないです。

・腰椎麻酔で行います。

 ・術後2日目での退院です。

 

【卵巣腫瘍切除術】

 ・お腹の下の方を横に小さく切開しますので、傷の治りがきれいです。

 ・腰椎麻酔で行います。全身麻酔と比べ体の負担が少ないです。

 ・術後5日目での退院です。

 

【膣式子宮全摘術】

 ・小さい子宮筋腫でも症状が強い場合に、膣から子宮を取る手術です。

 ・腰椎麻酔で行います。全身麻酔と比べ体の負担が少ないです。

 ・術後5日目での退院です。

 

腹腔鏡による子宮全摘術や筋腫核出術、卵巣腫瘍手術を希望される方には、
腹腔鏡手術を実施している金沢地区の病院を紹介しています。

投稿者:あおあおat 10 :14| その他 | トラックバック(0 )

◆この記事へのトラックバックURL:

http://control.onair-blog.jp/util/tb.php?us_no=4384&bl_id=4375&et_id=221821