<< 前のエントリ |メイン
2018 年10 月29 日

正しいおしっこの仕方 〜膀胱炎、膣炎、外陰炎の予防のために〜

「おしっこの後は必ずウォシュレットを使う」という話をよく聞きます。

女性がおしっこをした後、陰部の不快感やにおいが気になる方は少なくない
と思いますが、そ
れを解消するために、おしっこする度にウォシュレットを
使用したり、紙でしっかりとこすったりするのはよくありません。

ウォシュレットを使用し過ぎると、ばい菌が尿道や膣に入りやすくなり、
膀胱炎や膣炎の原因になります。また、陰部の皮脂が失われ皮膚の炎症を
起こしやすくなります。

紙でこすってしまうのも、膣炎や外陰炎の原因となってしまいます。

 

そこで、女性の正しいおしっこの仕方としては

・紙で拭くときは、前後に動かさず、やさしく押し当てることです。
 510秒かけて尿をしっかりと吸い取りましょう。

・おしっこするときは、足を閉じすに、大きく股を開いて、前傾姿勢
 なります。そうすれば、陰部に尿が付着しにくくなります。

・ウォシュレットは排便時だけ使用するようにしましょう。

投稿者:あおあおat 15 :38| 婦人科 | トラックバック(0 )

◆この記事へのトラックバックURL:

http://control.onair-blog.jp/util/tb.php?us_no=4384&bl_id=4375&et_id=230167