<< 前のエントリ |メイン
2019 年05 月28 日

流産手術・中絶手術

当院での流産手術・中絶手術は手動真空吸引法(MVA)で行っています。

子宮に細い管を入れ、本体を引くと陰圧がかかり妊娠の組織が吸引されます。

従来の器具で掻き出す方法よりも体への負担が少ない方法です。


・事前に子宮口を広げる処置が不要

・子宮内に挿入する器具が細いので痛みが少ない

・正常な子宮内膜を傷つけにくい

麻酔方法は局所麻酔で行いますが、希望により静脈麻酔を選択できます。

 

局所麻酔

静脈麻酔

外来で行います

病棟の処置室で行います

点滴が不要です

点滴を行います

手術中は意識があります

手術中は眠った状態になります

手術後すぐに帰宅できます

手術2時間後に帰宅となります

手術後は車の運転が可能です

手術後は車の運転ができません

 

なお、流産の治療として、待機療法という方法もあります。
こちらは後日別記事でお知らせします。

投稿者:あおあおat 09 :33| 婦人科 | トラックバック(0 )

◆この記事へのトラックバックURL:

http://control.onair-blog.jp/util/tb.php?us_no=4384&bl_id=4375&et_id=231534