<< 前のエントリトップページ
2017年02月15日

第8回 津幡町 認知症フォーラム 開催

・日時  平成29211日(祝)1330分〜16

・場所  福祉センター大ホール

・(1)講演「一からわかる認知症」 木島脳神経外科クリニック院長 木嶋保院長

・(2)認知症の状態に応じた対応劇「こんなとき家族はどうする?」 津幡町爆笑劇団

・(3)シグナス少年少女合唱団による合唱 ・ ベストオレンジドレッサー賞発表

リハビリ連絡会として、津幡町認知症安心ネットワーク推進委員として、活動に参加協力しています。
町地域包括支援センター・社会福祉協議会・町認知症キャラバンと協働で企画・開催しました。

 

素晴らしい演出・演技力・アドリブが功を成して、津幡爆笑劇団による劇も盛況でした。

町内にこんなに名役者がいるとは驚きです。

 

今年は緞帳係として、前日・当日の通し練習と、ベストオレンジドレッサー賞の受付のお手伝い、あとは舞台袖で緞帳の上げ下ろしをお手伝いしました。

 

認知症サポーターの目印は「オレンジリング」
認知症地域連携パス:認知症の方の経過や処方などの情報を記した手帳は「オレンジ手帳」
政府の認知症施策推進5ヵ年計画は「オレンジプラン」
認知症のイメージカラーがオレンジなのです。

 

昨晩からの雪でお天気が心配されましたが、昨年を100名ほど上回る参加があり、ベストオレンジドレッサー賞にも40数名の参加がありました。

 

まずは、町民が認知症についての理解を深め、早期発見し、支援できる体制を知り、つなげることで、住み慣れた地域・家で生活が続けられるように、私たちが一担い手になることですね。

 


オレンジの物を身につけた参加者が明るく目立つ会場の様子

投稿者:リハボスat 10:39| 老健 | コメント(0) | トラックバック(0)

◆この記事へのトラックバックURL:

http://control.onair-blog.jp/util/tb.php?us_no=4279&bl_id=4278&et_id=225179

◆この記事へのコメント:

※必須