2017 年10 月19 日

秋来ぬと 目にはさやかに見えねども・・・・  作業活動編

100円均一にガラスアートの塗料が売っているとの情報を得ました。

いくつかお店を回って発見。売っているカラーを全て揃えました。
月刊デイのステンドアート風塗り絵の素材を使って作品作りをしています。



切り絵調のステンドアート 

通所前には2羽の紋黄揚羽(モンキアゲハ)が、花に寄り添いひらひら飛んでいました。


投稿者:リハボスat 08 :54 | 通所リハビリ | コメント(0 ) | トラックバック(0 )

2017 年10 月17 日

秋来ぬと 目にはさやかに見えねども・・・・  秋本番編

津幡町内を訪問リハビリや通所リハビリのリハビリ会議等でじっくりと回らせていただく機会が増えました。通年と変わらぬ情景の中に、新たな気づきがあります。

ナナカマドの葉と実、色づき

辛夷(こぶし)か木蓮(モクレン)の実

山法師の実

姫りんごの実


また初夏に桃がなっていたお宅の玄関脇のお庭は秋も実りがいっぱい
ぶどう・椿・柿・芋の零余子(むかご)


私(50
代 作業療法士)は小中学校時代に兼六園近くの家(高齢ひとり暮らしの親戚宅)で生活していました。
週末には掃除をしましたが、廊下の板の隙は洋服ブラシでゴミを起こして掃除をしていました。そして白鳥路やその頃無料だった兼六園で椿の実を採ってきて、木槌で潰して実を取り出し、木綿の袋に入れて更に実をつぶします。それで廊下や襖の枠を磨くとピカピカになりました。懐かしく思い出されます。


今年もふぃらーじゅ敷地内には、行く種類の柿・花梨(かりん)・栗・柘榴(ざくろ)が実をつけています。そして木通(あけび)をいただきました。ハロウィン仕様です。


ムラサキシキブはたっぷり実り、濃い紫に変わりました。実るほどに頭を垂れてきたので、支柱が施され、いい枝振りとなっています。


投稿者:リハボスat 11 :13 | 通所リハビリ | コメント(0 ) | トラックバック(0 )

2017 年10 月16 日

秋来ぬと 目にはさやかに見えねども・・・・  初秋編

投稿ネタとして写真は撮りためていましたが、ふぃらーじゅブログはご無沙汰しており、いつのまにか季節は盛夏から秋へと移っていきました。

夏前には真っ赤だった カナメモチの葉が秋になるにつれ 青緑に変わりました。紅葉とは逆ですね。訪問リハビリで地域に出ることがないと、なかなか気付けなかったことばかりです。


ムラサキシキブの薄ピンクの小花が終わり、薄黄緑の実がなり始めました。5mほど離れたプランターに種が飛んだのでしょうか。夏前には勢いよく葉が芽生え、小さな花をつけたことで、ムラサキシキブだと気付きました。ところが、酷暑が続いたある日、葉が茶色に枯れてしまっていました。いつ抜こうかと日延ばしにしていたところ、茎の分かれ目から新芽が出てきていました。今は、また緑の葉をたくさんつけています。



水でかける毛筆の用紙をなんと百円均一でみつけました。
通所や訪問で重宝しております。
昔のカーボン紙のような匂いがします。どんな仕組みなんでしょう。




リハビリ会議でお邪魔したお宅で、夏の蔓性植物として、朝顔ととともに植えられていた

パッションフルーツが熟しました。



後日、「通所で飾って下さい」といただくことができました。職員も利用者の皆さまにとっても初めて目にする果実なので、とても興味深いようでした。

投稿者:リハボスat 10 :34 | 通所リハビリ | コメント(0 ) | トラックバック(0 )