|1/1ページ

2013年3月11日

東日本大震災

 平成23年3月11日の東日本大震災から2年が経過しました。
 亡くなられた方々のご冥福を心よりお祈り申し上げます。
 また、未だ2,668人の方が行方不明と云うことで、関係者の方々の心労も増すばかりかとは思いますが、今後も健康を保持されて生活できることを願っています。

 死者 15,881人
 行方不明者 2,668人
 震災関連死 2,303人
 避難者 約31万5千人

 上の数字は警察庁が発表した3月8日時点でのものです。
 震災で直接の被害を受けて亡くなられた方も悲惨ですが、震災関連死が2千数百名と云うのも悲惨な数字です。
 震災直後に、テレビのインタビューに漁業関係者が「遠くから頑張れ!、と言葉だけ掛けられてもね〜」と答えていましたが、重い言葉として受け止めました。
 今回の甚大な被害から見れば少ない金額ではありますが当法人においても義援金活動を行って、義援金を赤十字を通じて送らせて頂きました。
 3月11日に向けて報道各社は連日被災現場からの報道を行っていますが、復旧、復興が中々進んでいない現状が見て取れます。
 復興関連予算がどう見ても筋違いと思われる所に使われている実体も明らかになり、被災地域の方々の怒りは当然として、国民の怒りを買うことにもなりました。
 また、先日はNHKラジオで、福島での原発事故被害者の支援している方が、最近、被災者の不安を取り除こうとする活動が色々と行われるようになったが、被災者の不安の根本原因は将来への展望が中々開けないから不安になっているのであって、将来への展望を提示しないで不安を取り除こうとするのは、原発事故の教訓を風化させることでしかない、とかなり厳しいことを言っておられましたが、ここにも復旧、復興が進まない事への苛立ちが感じられました。
 ここでは、「遠くからの言葉」だけになってしまいますが、被災者の方々が震災前の状態に少しでも近づくことが出来るようにお祈りいたします。

投稿者:Seiat 09:55 | お知らせ | コメント(0) | トラックバック(0)

2012年8月6日

ご案内

 特養ふぃらーじゅの新しいご案内が出来ました。
 画像をクリックして、大きくしてご覧になって下さい。


投稿者:Seiat 14:50 | お知らせ | コメント(0) | トラックバック(0)

2011年10月28日

皆さんも気をつけて!

 皆さんも報道等でご存じかと思いますが、三菱重工業や川崎重工業、そして最近は衆議院会館や外務省の在外公館にウイルスを潜ませたメールを送信し、そのメールを開封したとたんにそのパソコンにウイルスが感染する事態が起こっています。 このウイルスが一旦パソコンに感染しますとウイルス作成者の意図した様々な悪さをするようになります。時にはパソコン内のデータだけでは無く、そのパソコンが接続しているサーバー内のデータまでも外部に漏れ出します。企業であれば商品等に関する企業秘密、政府機関であれば重要人物の個人情報や国家の機密に関わる事項が知らない間に漏れ出すことになります。

 これは「標的型攻撃」と云われるコンピュータウイルスの感染手段だそうです。これの一般的な方法は、外部から社内の特定のメールアドレスを知ることにより、そこへあたかも知人或いは仕事上の関係者の風を装いメール送信し、このメールを開いたパソコンにウイルスを感染させ、そこから社内のサーバーや他のパソコンにウイルスが次々に感染していきます。そして感染したウイルスがそこで色々と悪さをすることになります。

 サーバーを公開していない小規模施設ではこのような外部からの攻撃を受けることは少ないかもしれませんが、普段からメールのやりとりをされている方は不審なメールが届いたらウイルスを疑ってかかることも大事ではないでしょうか?
 日経コンピュータの電子版に載っていた「標的型攻撃ウイルス」の概要図を載せますので参考にして下さい。



投稿者:Seiat 10:01 | お知らせ | コメント(0) | トラックバック(0)

2011年10月21日

手芸クラブ

 老健、入所ではリハビリの一環で「手芸クラブ」をおこなっています。このようなチラシを見て、何人か自主的に集まっていただいています。
今回は介護雑誌に掲載されていた、ペン立てをちょっとアレンジしてみました。お菓子の空き箱から、このように作ります。    看護の実習生さんも手伝ってくれました見本を見ながら、皆さん真剣に作業されています。       布や紙の色を自分で選んで、とてもかわいいペン立てが出来ました。「この箱で500円玉貯金するわ」といろんな用途が思い浮かんだようです。作品は11月におこなわれる「ふぃらーじゅ文化祭」に出品予定です。

投稿者:RHB48at 15:35 | お知らせ | コメント(0) | トラックバック(0)

2011年6月13日

不二家ペコちゃん人形

 以前、特養ふぃらーじゅ職員水谷さんが南極観測隊に参加したことが縁で不二家(株)とお付き合いさせて頂いており、小型のペコちゃん人形シリーズを寄贈して頂いたことをお知らせいたしましたが、今回、水谷さんが実際に店頭に飾られるペコちゃん人形を手に入れました。
 本来この人形がネットオークションに出ることは無いのですが、何らかの理由でネットオークションに出品されておりました。このペコちゃん人形は商標権で守られており、通常は一般展示は出来ない事になっています。しかし、水谷さんが古く汚れていたペコちゃん人形をご自分でメンテナンスし、ふぃらーじゅで人形を公開することについて不二家(株)に問い合わせたところ、特例として施設で展示しても良いとの回答を得ました。
 購入当初はかなり汚れており、修繕部分もあったのですが、人形の状態改善に努めましてかなり見栄えが良くなりました。
 着衣については、デイサービスのご利用者と一緒に似合う服装を考えて写真のように立派な人形となりました。
 ご年配の方には懐かしい人形かと思いますので、ご近所の方でみたいと思われる方はいつでも見ることが出来ますの、ご訪問をお待ちしております。

 特養ふぃらーじゅデイサービスセンターに展示してあります。





 

以前お知らせしたペコちゃん人形です。





投稿者:Seiat 09:19 | お知らせ | コメント(0) | トラックバック(2)

2011年4月28日

南三陸町への被災地支援活動

 今回の東日本大震災に際しては当グループの七尾市にあるあっとほーむ若葉から先月3名の職員が被災地支援に駆けつけたのですが、今回特養ふぃらーじゅの職員がボランティアで被災地支援に行きましたが、この事が新聞に掲載されました。

ここをクリック
   ↓
4db90fe86efdc.pdf

投稿者:Seiat 15:58 | お知らせ | コメント(0) | トラックバック(0)

2011年4月1日

新人オリエンテーション

 ふぃらーじゅには、今年は4月1日付けで2名の新卒介護職が入職されました。
 朝8時30分より辞令交付式に続き、
   幹部紹介
   入職に当たって
   施設紹介
   就業規則、給与規程、その他主な規則の説明
   施設設備の説明
 等々が行われました。

 勤務初日から初めて聞くような事ばかりで大変でしょうが、今後一つ一つ身につけていって頂きたいと思います。

下の写真は施設設備管理長が、施設の各設備(火災通報・防火装置、放送設備、夜間自動警備装置等)の説明をMs-PowerPointで行っているところです。






投稿者:Seiat 14:33 | お知らせ | コメント(0) | トラックバック(0)

2011年3月22日

講演会開催

 先週3月19日の土曜日にCOML代表の辻本好子氏をお迎えして講演会を開催いたしました。
 当日は「患者が医療に望むこと」と題して講演されましたが、当若葉グループは、病院、老健、特養と介護3施設を運営しており、当日は医師、看護師、介護士等が参加されていることもあり、看護、介護サービスを提供する側への貴重なアドバイスを頂きました。
 COMLとは1990年に設立されたNPO法人で、「患者と医療者のよりよいコミュニケーションを目指す」ことを目的に設立されました。
 辻本さんはこの法人を設立後、様々な方面でご活躍をされており、厚生労働省の諮問委員会の委員もされました。
 ご自身も病気を患って治療を受けておられ、患者の立場から、また様々な人からの電話相談の経験を生かされて、大変有意義なお話をして下さいました。この場をお借りして、改めて御礼申し上げます。



NPO法人 COML ホームページ

    http://www.coml.gr.jp

広報誌の一例です。



4d884d1183850.pdf

投稿者:Seiat 16:03 | お知らせ | コメント(0) | トラックバック(0)

2011年1月28日

認定介護福祉士の創設(案)



厚生労働省の「今後の介護人材養成の在り方に関する検討会」(座長=駒村康平:慶応大学教授)は1月20日9回目の会合を開き以下のような厚生労働省案について了承しました。

「認定介護福祉士」を構築

介護福祉士資格を取得した後のステップアップとして、「認定介護福祉士(仮称)」の構築が提言された。認定介護福祉士について、「介護福祉士資格を取得後、一定の実務経験を経て、幅広い知識と技術を身につけ、質の高い介護を行い、他の現場職員を指導できるレベルに達した人材」と明記されています。その認定について、職能団体が主役となって行う仕組みを設けていくとしています。このほか、質の高い介護サービスの提供と介護職員の確保を両立させるため、「介護職員の占める介護福祉士の割合が5割以上」を当面の目安とすることなども提言に盛り込まれています。

 これを読まれた介護福祉士の方は制度が構築されましたら、是非資格を取るようにチャレンジして頂けたらと思います。




投稿者:Seiちゃんat 10:23 | お知らせ | コメント(0) | トラックバック(0)

2011年1月18日

当施設紹介

当施設の外観です。
左側 特別養護老人ホーム ふぃらーじゅ
右側 介護老人保健施設 ふぃらーじゅ



ふぃらーじゅのシンボルマークです。


投稿者:Seiちゃんat 14:17 | お知らせ

|1/1ページ

▲このページのトップへ