|1/1ページ

2018年7月15日

逆子の治療法 「外回転術」

逆子(骨盤位)が治らない場合、多くの病院では帝王切開を行っています。

そこで、逆子の治す有効な方法として、外回転術があります。

お腹の上から赤ちゃんを回す方法で、当院では妊娠36週に、硬膜外麻酔を
併用して行っています。麻酔をすることにより、術中のお腹の痛みが少なく、赤ちゃんが回りやすくなり、成功率は約80%です。

日本では外回転術を実施できる産科医が少なくなっており、外回転術を
試みることなく帝王切開となってしまうことはとても残念です。

なお、逆子体操は効果が証明されておらず、有効な治療法とは言えません。

 

出典:Medical Note

投稿者:あおあおat 10:38 | 出産 | トラックバック(0)

2018年6月8日

分娩室をより快適に

分娩室を快適に過ごせるように、いくつか改善いたしました

その1 壁紙をピンク系のツートンカラーにしました



その2 分娩ベッドの柵をしっかり固定できるものにしました
        いきむ時につかまってもぐらつかなくなりました



その3 四つんばいで分娩する時などに使用するビーズクッションを
        ヨギボーにしました


投稿者:あおあおat 16:15 | 出産 | トラックバック(0)

2017年11月7日

TOLAC(帝王切開後の経腟分娩)

113日放送の「コウノドリ」第4話のテーマは「TOLAC」でした。

帝王切開後の経腟分娩のことです。成功した場合はVBACとも言います。

当院でもTOLACを行っています。

 

子宮破裂のリスクは200人に1人とされていますが、そのリスクをできるだけ
減らすようにしています。

・子宮壁が薄くなっていないか妊娠36週時にエコー検査します。

・分娩時に胎児心拍を連続モニターし、子宮破裂の兆候を早期発見します。

・緊急で帝王切開できるように手術室スタッフが待機します。

 

『僕らの仕事は妊婦にTOLACを止めさせることじゃない。人が少ないから、
  忙しくて余裕がないから妊婦の希望に添えないなんて、根本が間違って
  いるんじゃないかな』という、コウノドリ先生の言葉が印象的でした。


投稿者:あおあおat 10:37 | 出産 | トラックバック(0)

2017年1月24日

無痛分娩(帝王切開を回避するために)

「子宮口が開かず、帝王切開になった」

と他院で帝王切開になった患者さんの話をよく耳にします。

子宮口が開かない原因としては、陣痛の痛みによる不安や恐怖、疲労のために分娩が進まないことが多いです。


・陣痛があるのになかなか子宮口が開かない

・陣痛の痛みが強すぎて耐えられない

・分娩時間が長引き、疲れてしまった

このような場合に無痛分娩をすることで、経腟分娩が期待できます。
医学的に無痛分娩が必要な場合には、夜間や休日などでも実施できます。

料金は3万円です。

            


投稿者:あおあおat 09:54 | 出産 | トラックバック(0)

2017年1月20日

出産する病院の選び方

1.自宅から近いこと

  自宅や実家から1時間以内に行くことのできる病院を選びましょう。

  特に、経産婦の方は遠方の病院は避けましょう。

 

2.出産当日から母子同室であること(最も重要です)

  お母さんと赤ちゃんを不必要に離さない病院は、赤ちゃんにやさしい
    病院です。

 

3.フリースタイル分娩が可能であること

  古い習慣にとらわれることなく、快適で満足なお産を提供してくれる
    病院は、お母さんにやさしい病院です。

 


投稿者:あおあおat 15:15 | 出産 | トラックバック(0)

分娩費用

当院の分娩費用の目安は、39万円です。

 

 分娩介助料(平日日中)       170,000

 入院料(産後6日間の入院)      123,570

 個室料金(C 個室)          15,000

 食事代                11,180

  新生児世話料             48,000

 諸経費                15,460

  合計                                383,210

 

ちなみに、分娩費用の平均(平成26年度)は

 石川県 463,295

 全国    499,550

 東京都 606,462


投稿者:あおあおat 15:08 | 出産 | トラックバック(0)

2016年8月2日

常勤の小児科医がいます

当院では産まれた赤ちゃんに何か異常があっても、常勤の小児科医が対応
していますので、安心して出産していただけます。

小児科医は、緊急時に対応できるようにいつも病院の近くに待機しています。

また、常勤小児科医の休暇中は代診医が当直していますので、小児科医が
不在になることはありません。


投稿者:あおあおat 13:50 | 出産 | トラックバック(0)

2016年5月24日

帝王切開は横切開がおすすめ

帝王切開でお腹を切るときは、横に切る場合(横切開)と縦に切る場合
(正中切開)があります。



【横切開の利点】

・傷が下着やお腹のしわに隠れるので目立たない

・傷が瘢痕(ミミズ腫れ)になりにくい

・傷の治りが早い

 

【横切開の欠点】

・手術の視野が限られますが、前置胎盤の場合以外は横切開で十分な視野が
  確保できます。

・切開にやや時間がかかりますが、慣れた産科医なら正中切開とあまり時間は
  変わりません。

 

このように、患者さんにとってメリットの大きい横切開がおすすめです。

患者さん思いの病院であれば、基本的に横切開してくれると思います。


投稿者:あおあおat 09:56 | 出産 | トラックバック(0)

2016年4月19日

当院で対応可能な出産について

【当院で対応できる出産】

・妊娠35週以降で出生体重が1800g以上の場合

・帝王切開後の経膣分娩(VBAC)

・双胎の経膣分娩

・硬膜外麻酔による無痛分娩

・糖尿病合併妊娠

・妊娠高血圧症合併妊娠

※万一、産まれた赤ちゃんに異常があっても常勤の小児科医師が
 対応いたしますので、ご安心ください。

 

【周産期センターに紹介】

・34週以下の出産や出生体重1800g未満が予想される場合

・胎児に心奇形など内臓の病気が認められる場合

・母体に心不全や腎不全などの重篤な合併症がある場合

・明らかな前置胎盤が認められる場合


投稿者:あおあおat 13:27 | 出産 | トラックバック(0)

|1/1ページ

▲このページのトップへ