トップページ2013/12 >>
2013年11月30日

USA PIXAR

  「USA PIXAR社」のメジャーMOVIE。トイストーリ〜モンスターズユニバーシティまで。私はあのファンタジーMOVIE映像に直接的ではないにしても全く無関係ではない。すなわち人工光照明器具の特性データなくして現在のファンタジー映像などは成立などしないのだ。

 身近な所ではマイクロソフトさんのパワポあたりでもライティングプロではベタな「色温度」らしきものが画像補正用に標準装備されている。ということを含めコンピュータグラフィックス:CGの世界をざっくりと相変わらずの自分のフィルターでそぎ落とした、でもこの分野は私の叩き上げが勝るかも知れない、ライティング・プロフェッショナルの記述である。

 MV、PV、MOVIEなどアーティスティックな映像では既にコンピューター・グラフィックスなしのものはほとんどない。CGはFULL CGのものから実写との合成に至るまでリアリティを追求し進化し続けている。

 オブジェクト「0」から三次元のポリゴン「物体」データとして作成したのち質感データをマッピング。微妙な色などを変更する事は現在も個々の蓄積データとしても重要な事である。

 実写とCGの合成では基本となるブルーまたはグリーンバックによるカッティング抽出に加え、最近は「ニコニコ動画君」ではないが」複雑な背景画像と対象物画像との微妙な色差・階調差など出現頻度をヒストグラム化し自動判別でトリミングも可能となっている。

 ただ趣味の域を出た、商用の高いCGクオリティを製作するためには、まだまだ手作業により目視で違和感のない画像・映像に仕立てる地道な作業も必要だろう。

 静止画以外に動画として動きのある複雑なものをリアルタイムで三次元データとして取り込むモーションキャプチャー技術も日進月歩で進化しており、アーティスティックな側面が大きかったCGはMRIなどとの連携で医学的利用などDNAのらせん構造分析などの利用など多岐にわたってきている。

 医療的な利用での側面はよく分からないが、小さな異常などでもはっきりとクローズアップできる表現で良いと思うので、リアリティさと観点とは異なると私は感じている。

 不謹慎ではあるが学術的なCGの話は私の中ではあまり面白くない。PIXAR―MOVIE。そこまでリアリティにこだわらないにせよ。アニメーションの世界でも、現実と同じ様にある程度は太陽光の具合やそれによって生まれる影の存在。夕方なのか夜なのかなどが必要である。

 また屋内であればどのような照明器具があるのか。ここが我々の食い込む人工光としての様々な配光分布データが提供する点なのだ。どっかの中島美嘉ライブで狭角だの広角の解説はこれである。

 そしてその特性で発せられた光は、その後様々な家具などによってどのように遮られるのかなど複雑な要素が絡む。

 こんな、さまざまな要因を指定条件下で一括して計算。アニメーション上にベーシックな環境として、光と影のほぼリアルな空間を生み出す。これをCG作成における「レイ・トレーシング:光線追跡」という。このあたりが最もUSA特にカリフォルニアあたりが最先端。

 直接光1回だけの計算だけで済めば良いが、場合によっては、複雑な反射光も何回往復してエンドという事も必要だろう。だがやみくもに反射光の往復計算の回数を増やしても時間がかかるだけ。よってここでもやはりプロフェッシナルの嗅覚が必要なのである。そのアニメーションの特性しだいだがプロの感性で設定すべき。

 結局あまり反射光の往復回数を増やしても見た目はそれほど変わらない場合も多くスケジューリングつまりプロデューサーからのトップダウン指令と公開日時または自身のプロとしての嗅覚などMIXで製作。TIME−OVERでは意味がない。様々なクリエーター達の経験値の条件設定すなわちここでもプロ根性にかかっているのであると感じているのだ。

 ただし世界フルCGアニメ・トイストーリーにかぎってはプロデューサーからの容赦ないダメだし。これは出ばなをくじかない・期待外れにしないのプロ根性で「0」から作り直しもありきだった。PIXAR社がこのトイストーリーの制作サンプルにした電気スタンドは私が国内で実製品プロデュースしたオスロにあるLUXO社のリリーナちゃんで今でもオープニングアニメのPIXARロゴのIの文字の上で感謝の意味を込め跳ねまくっているのだ。

  私はこのメンタルトラブル・チャリティを主としたBLOGも出ばなをくじかないで謙虚に切磋琢磨で同様に考えておりやはりレーテストコミュニケーションを最優先にしているのである。

The end!


投稿者:Lighting-TOat 23:26 | その他 | コメント(0) | トラックバック(0)

TO GLOBAL

New Year and Christmas that are splendid towards the world!
My birthday is Friday of 13th, but there is no problem because it is the Japanese who is happy for 46 years.

Thank you for my blog access. I would like the charity to the people of the mental trouble.
I worry about a tendency to increase more and more. 

It is never a thing performing compulsion and fraud.

It is true charity.I have same mental trouble.
Good night. 

Copyright:Takehiro Okayama. JP-BANK 13180-19148331

投稿者:Lighting-TOat 22:27 | 日記 | コメント(0) | トラックバック(0)

ピーナッツ・スヌーピー

 これもメンタル・トラブル絡みで再アップ。「ピーナッツ」とは言わずと知れた世界一有名な犬「スヌーピー」を中心とするアメリカのキャラクター漫画である。60年の歴史・愛読者4億人超。基本的にはアメリカの新聞ワシントン・ポストの4コマ漫画でスタートした「チャールズ・モンロー・シュルツ」氏原作のアメリカを代表するアニメである。

 スヌーピーは全世界で愛され、ご存じのとおりUSJでもアトラクション。本場アメリカではカリフォルニアの「ナッツ・ベリー・ファーム」にて「キャンプ・スヌーピー」があるほど有名。アポロ10号:月着陸船の愛称も「スヌーピー」だ。
 
 ただ、この「ピーナッツ:スヌーピー」の漫画は世界的にも精神療法に役立てようという動きがある。自身もメンタル・トラブルになり、子供の好きな「ピーナッツ」DVDをプレゼントする際、何気にこの漫画を見つつ奥深さを感じた。チャーリーブラウン・ルーシー・ライナス・シュローダー・サリーなど個性的な登場人物に対する、スヌーピーの何気ない「クール」すぎるとも取れる対応やしぐさは、改めて相当のインパクトがあった。もやもや感や落ち込み感をあっさりとクリアにする。基本的には病んだ大人のための漫画だと思った。

 実際にアメリカでは、メンタル・トラブルの患者に精神療法として「ピーナツ」の漫画を見せる治療もメジャーと聞く。確かに下手な治療よりは効くような気もする。チャーリーブラウンに代表される登場人物達が混沌として深刻になっていても、スヌーピーは笑い声など発するが、何も語らず常に客観的にユーモアとクールな目線で彼らを見ている。現在の私にとってはメンタル・ドクターとオーバーラップしてさえ見える。

 スヌーピーのかわいさの奥底にはメンタル・トラブルの患者に対して、いいしれないほどの不安感を払拭させ、クールな目線を持たせ、少しでも正常な精神状態へと方向づけてくれるのではと真剣に考えさせられる。多分この目線は単なるキャラクター愛好家とは全く異なる感じ方であろう。

 自分が健常者であった時は「ピーナツ・スヌーピー」の存在は全くといっていいほど気にもしなかった。目先のキャラクターグッズのライセンス料とも思える金額の高さなどにしか目がいかなかった。ただ自分がメンタル・トラブルになり「ピーナッツ」のアニメを改めて見たとき、スヌーピーの態度がふてぶてしくも自分に対して何か語りかけているそんな気がすした。「Let's so Cool !」→「気楽にかっこよく行こうぜ」。

 このような捉え方はメンタル・トラブルの病状や個人で様々な事は百も承知である。決して強制するつもりもない。ただメンタル・トラブルの人間が健常者と同等に「ドラゴンボール」で発奮させてリフレッシュしようとするより違う目線で「ピーナッツ」を見てみるのと得るものは少しなりとも違うのではと痛切に感じている。誤解しないで頂きたい。私は「ドラゴンボール」はもとより「あられちゃん」世代ですぞ。鳥山明大先生の大ファンです。つまりTPOが大事だってことだけで押しつけなど一切なしです(笑)

The end!


投稿者:Lighting-TOat 20:49 | その他 | コメント(0) | トラックバック(0)

メンタル・トラブル就労

 中島美嘉のLIFEに触れ、私もカミング・アウトしたので記述したい。自分自身が「メンタル・トラブル」を抱えている。無責任な評論家感覚で「メンタル・トラブル」でない「健常者目線」の記事など書く気などない。というより自分にそのような目線で記事など書くこと自体ができない。通常の就労者で現在バリバリ働いている方もいつ、そのような「メンタル・トラブル」になってしまい、働くことが難しくなるかもしれないという事に同調される方だけ本記事を読んでいただければ結構で、冷やかしなどご無用である。

 なぜ健常者が「メンタル・トラブル」になるのかは、本人にも良くわからない。原因は人によって様々だ。ただハッキリ言えるのは「就労者」に限定した場合、全てとは言わないが大部分が会社側に原因があると思っている。少し不真面目な社員は「メンタル・トラブル」になりにくいのソレである。

 大半はまじめが故に「メンタル・トラブル」への道をたどるような気がしている。確かに不真面目そうな社員にも存在価値はあり、突飛な発想でヒット商品や斬新なサービスを生み出すこともあるのは確かである。重要な点はその「突飛」とも思える製品などをバックアップし軌道に載せ・アフターサポートを行う。

 少々語弊があるかもしれないが「まじめな社員」の存在が会社にとってそれ以上に重要なのだ。その点で会社つまり組織が変に誤解して「不真面目」っぽい社員を必要以上に持ち上げると、ひたすらまじめに作業を行っている社員の中には単に「面白くない」で済めばいいが、その次元を通り越し、「自己否定」のような状態にまで陥ってしまうこともあるのではないだろうか。そのような小さな歪も要素の一因ではないだろうか。

 私は人員不足の組織体制もあり、突飛な発想→軌道に載せる正確な書類→価格設定→販促物の作成→販売イベント対応→販売未到達で社からクレーム→客からもクレームなどほぼ一人でおこなってきたに等しかった。それゆえ「メンタル・トラブル」になったのだろうと現在のやや安定下で自己分析している。10年以上この状況でパンクしない方が不思議なくらいだ。クレーム対応などは「自己否定」の一歩手前で当時はかなり辛い状態だった。ただ自身が仕事を面白いと感じ好きでやっており、会社や上司への愚痴を吐いたという記憶があまりない。結局自覚症状などなく没したようで、5年程は仕事どころでなく茫然自失だったのは言うまでもない。

 現在も様々な成功企業にはそれくらい全く関係ない。いつ睡眠をとっているのですか?といわんばかりのハードワークを行い大成功している企業家達も山のようにいる。そんな真似をしなさいという気はもうとうなく、その経営者の下で働く人事担当者の動きが、把握不足なのか発想が貧弱なのか、お粗末なのではと感じている。もう少々人事のプロであると自覚する必要があると思う。「メンタル・トラブル」になってしまった作業者を切り捨てるのは簡単だが、一歩勇気をもって経営者に提言し、古い適材適所とは違う斬新な人員・作業量の配分があってしかりだ。

 ひずみを放置、力技でほぼ同等能力を持つ健常者を何人補充しても、引き継ぎなど他の社員にストレスが溜まる。その社員が更にメンタル・トラブルになれば意味がない。結局メンタル・トラブル排出の連鎖が止まらない上、人事担当本人が能力不足でメンタル・トラブルになる危険性さえある。どんな作業者も「もろく・メンタル・トラブルを負う危険がある」学術書・セミナーで何回勉強しても自社組織にマッチした展開がないと全く意味が無い。複雑でない単純な解決法もあるとの認識も持ち、柔軟な対処も心掛けてほしい。

 逆に「メンタル・トラブル目線」から言えるなら、その位の柔軟さの無い「健常者」はもうメンタル・トラブルに足を踏み込んでいるのでは?と勘ぐってしまう。「健常者」であっても油断することなく、そう肝に銘じて頂きたいものだ。

 よかれというアイデアは記述する気もあるが冷やかしでないチャリティ精神が伺えればである。私は現在いたって冷静ではある。超ハイテク人間だが代々信じる御住職から「無心」というありがたい言葉を頂いて平静を保っている。ただまぎれもないメンタル・トラブル。難しい問題だが様々な専門家にアプローチしてもらい教えをこうしかないとも感じている。

The end!


投稿者:Lighting-TOat 19:33 | その他 | コメント(0) | トラックバック(0)

TGV SNCF

 日本はインターネット上のサービスをSNS「ソーシャル・ネット・サービス」と言っているが私のブログ上ではSNCF「フランス国鉄:エス・エヌ・セ・エフ:ソーシャル・ネット・コミューター・フオンセ」と呼ぶ。インターネットというネットワークをおしゃれにフレンチTGV利用でUK、EURO、USA、ASIAを右や左走行で安全に自由自在に世界中をプロフェッショナル・テクでドライブする。怖いようなインターネット単純。

 TGV「テー・ジェー・ベー」とはエルメスギフトBOXばりのパステル・オレンジで時速300km超でユーロ圏を疾走する超高速新幹線。故郷の北陸新幹線「かがやき」の両側面のストライプカラーも控えめでパステル・オレンジ。パリと金沢伝統都市らしい友情を感じる。JR東日本の設計者は明言していないが、私自身がメンタルトラブルを負いながらもお誘いを頂いたが帰郷したJR東日本建築研究所のスピリッツからもTGVに敬意をはらっているのであろう。

 パリ・リヨン駅を発車したTGVがベルリンやミラノに高速で到着。これからの時代ドメスティックだけに目をやっていてもだめ。より差別化し円安・円高でも慌てふためかない。出資金少し溜まればランボルギーニs.p.A プラダs.p.A.のような差別化された有限会社の設立を目指す。「Meccha Yavai! s.p.A.」他の方マナー違反で先に登記なんぞせぬよう願います。ハイグレード弁護士先生がついていますぞ。イタリアMILANOっぽくカッコイイ!

 基本的には自身がプロとして自信があるものを何でも記述のBLOGで日本語とカタカナ英語。もちろん必要に迫られればネイティブ・イングリッシュ。強制的なチャリティやギャランティなど一切なし(笑)。ただ「共感性・信頼性」のみで利益を得る。斬新!絵のない週刊ハイグレードマガジンMANGA!って感じでクール!これはリアルストーリー。

The End!


投稿者:Lighting-TOat 18:29 | その他 | コメント(0) | トラックバック(0)

ETERNAL PROMISE!

 日記はまた汚ったねーノートにペンいっちょでさらさら!

 今度は元ヨメだ元気か?。12th DEC.誕生日おめでとうと言っておく。石川に戻って冷静に建築照明やNETビジネスを良く考えてみたが、インターネットやBLOGでPCやスマホを含んだビジネスの方向性が見えた(笑)一度8月〜10月でパイロット・テストしたが十分勝算ありと実感した。明日12月からやんわりと始動。

 我々はこのままのスタンスでも良いのだが、そもそも別れたのは私のメンタル・トラブルとその医療費や就労不可の原因による金欠。確実に「健常者でも明日は我が身」の状態を乗り越えての回復だ。やんわりとスイッチを入れて少しでも収入を得たい。とりあえずリラックスでフツラ「FUTURA:イタリア語で未来」を考える。

 そんなにうまくいくのかって?でも現在のSNSを良く考えてみて!「誹謗中傷ではありません」ヤフー、アマゾン、楽天さんなど全くない頃からネット上でハイグレードな人脈を築いているよな。我々の媒酌人夫妻は建築業界で知らない人がいない位のカリスマ・ハイパー・アーキテクトで大学教授であり、おこがましいが自分自身もかつては「カリスマ・ハイパー・アーキテクチャル・ライティング・プロデューサー」だった。極めつけは娘も女子らしい装いでとリクエスト。この夏招待されたNETベテラン弁護士大先生集団。異業種交流も数限りない。

 これは自分がLINEでもFACEBOOKでもないNETだけでないリアル&ヴァーチャルのレーテスト・コミュニケーション法で築いた人脈だ。GLOBALでのライティング業界当然エンタメやトレンドにも強くなった。ただミーハーではエンドユーザーやゲストにはなれどビジネス展開などできない。NETビジネスは過当競争。GLOBALではメンタルトラブラーこそ真の膨大な今後のマーケットこれまったわかりやすすぎる。ベテランだ!

 父の日と母の日に贈ってくれた「エレッセのゴルフハット」「小さなアジサイの花」を老体ながら母はまだ大事にしているぞ。私も正確無比のCASIOウォッチを大切にしている。要は自分も家族も責任転嫁などせず謙虚に生きているという事だ。会社務めでがちがちにならず血液型B型らしくマイペースで建築照明・ネットテクニックおまけにメンタルトラブルもベテラン駆使。対応策を「真実・誠意・チャリティ」で不謹慎かもしれないが面白くBLOG記事にしていく。

 この記事はメンタルトラブル特有の誇大妄想ではない。なにせNET駆使20年超でメンタルトラブルも10年近く快方に向かっているベテラン。F1で言うところのプロ・ドライバーが世界のGRANPRIXで切磋琢磨しながら腕を磨きチャレンジし続ける。ワールド・ワイドビジネスそのもの。広告のバナーでない「ギャランティ・スポンサー」信頼関係の概念があってしかりだと感じる。

 ゆっくりと私を信じて待っていてほしいそれだけ。責任ある大人同士時間差ありレーテスト・コミュニケーション。スマートにいく仕事などあるわけがない。ただし定年もない。子供のヒーローやなせたかし大先生ばりの生涯現役。経費もほぼかからない。たぶん若年世代からの「共感性・信頼性」は抜群であろう。ただし勘違いさせない「へんな勧誘・詐欺・マルチ」の類ではない。常に大弁護士先生達の目が光っているのだ。最大の自制ポイントだ。

ETERNAL PROMISE! 永久の誓い!

The end!


投稿者:Lighting-TOat 16:57 | 日記 | コメント(0) | トラックバック(0)

KOMUSUME

 日記は汚ったねーノートにペンいっちょでさらさら!うちの中1小娘の言ったことちょい思いだした。すでに恐るべし女子力だ。あのディズニーランドホテルの内装を小学生の時テレビで見てダメだし!「めっちゃ・まずいんだけど!」ってね。

  こりゃまったわかりやすすぎる。AKBじゃんけん大会プロデュースよりも100倍以上判りやすすぎ。なぜディズニーランドホテルにダメだしなのか判らない?・・・・・・・

  一応。ディズニーの白雪姫テイストなどのルームで魔女や7人の小人などが怖すぎるのだ。つまりリアルすぎて小娘はゆっくりくつろげないのだ。

 空間プロデューサーでDISNEYのWELCOM100%熟知の父としてのフォロー。ディズニーランドホテルのゲストは日本人だけでないぞ。世界中からゲストがやってくるので、その方たちをもてなさねければならない。うその白雪姫テイストであってはならないのだ!で小娘も納得。

 ただしディズニーシー併設のホテル・ミラコスタはアーバン・ユーロピアン・ホテルである。「近代的」ルームのテイストは小娘であっても恐怖心など抱かずきっと「めっちゃ やばい!」って感じだ(笑)

 もし夢を持ってアーキテクトやインテリア・プランナー叩き上げるなら・・
CAWAII with DISNEY & SANRIO のべたでない夢のコラボ・テイスト位をイメージしろ!

 たとえばディズニーリゾートのモダンエリアにいきなりジャーマニー民宿風の可愛いとんがり屋根ホテル出現で内装はおもいっきりジャパニーズテイストのCAWAIIルームって感じで。今でもシルバニア・ファミリーで遊ぶくらいなんだから性格的にも分かりやすいしプロジェクトを取りまとめられる。これが「めっちゃ やばい」ホテルだ。日本語はかなり難しいが現代流の最上級「クール・スペース」を端的に表す。

 でまた深い意味はないが小娘の誕生日は3rd,Aprで今年はレンタカーPINK Vitzで横浜からサンリオ・ピューロ・ランド・ドライブデートだった。私はTOYOTAさんのVitzのコンセプトは15年ほど前に当時のデザイン室長のセミナー受け名刺交換してる。

 そして現在のカリスマ・ショップ・デザイナー(同じ年齢)の神戸時代に彼の神戸の事務所で熱く語り合った。現在は東麻布に事務所だったね。つまりかなり音信不通でも責任ある大人のビジネスは時間差あり「レーテストコミュニケーション」で成立するって事だ。

 このブログでうちの小娘の素質をさりげな〜くアピールしているって事お分かり?カリスマ・ショップ・デザイナーは女子力を最大限に発揮させてくれること実感してる。仕事はきついだろうが達成感はあるはず。

 きっかけはともかく親の七光りではNG!あと5年経過くらいでなんとなくでお願い。セクハラは全く心配なし。彼は年上好み(笑)

The end!


投稿者:Lighting-TOat 15:41 | 日記 | コメント(0) | トラックバック(0)

トップページ2013/12 >>
▲このページのトップへ