|1/2ページ | 次の20件 >>

2016年11月29日

豆腐のチャウダー

当院の職員が大好きなメニューのひとつが


「お豆腐のチャウダー」です。


このメニューを出すと「作り方を教えて〜」とよく言われるので


ブログに書くことにしました(*^_^*)


材料は一人分です。


木綿豆腐  35g(よーく水切りしてください)

ベーコン   3g(乾煎りする)

小松菜   20g(ゆでて3cmカット)

人参     8g(千切り)

ネギ     6g(小口切り)

干し椎茸 0.5g(戻して千切り)

コーン    6g(当院ではクリームコーンを使用しています)

牛乳    25cc

シチューのもと(当院ではハウスを使用しています)

隠し味に 白ワインと醤油を少し・・・


作り方は、沸騰したお湯の中に材料をいれて、牛乳とシチューのもとで味を調えるだけの簡単メニューです。


沢山作ったほうが美味しいと思います。

メニューに加えてみませんか?

投稿者:きじまHPat 15:40 | 食育

2015年7月22日

トマトで、、

こんにちは。
4月から木島病院で管理栄養士として
勤務している山崎です。
先日、木島病院の介護センターで
育てていたトマトが収穫されたということで、
トマトを使ったスイーツを作って利用者さんに提供させて頂きました♪

キレイに真っ赤に育ったプチトマトです(^^)


今回は暑い夏ということで、ひんやり冷たい
トマトのゼリーを作ってみました(^▽^)


湯むきしたトマトをざく切りにして、
砂糖、レモン汁、ゼラチンを溶かして冷やすだけ!



甘酸っぱい、さっぱりとしたトマトゼリー♪
利用者さんにも喜んで頂けたようで
嬉しかったです(^^)

ちなみに、トマトに含まれる有名な成分のリコピン。
抗酸化作用があり、がんや動脈硬化を予防してくれます!

だからと言ってトマトばかり食べればいいという
わけではありませんが、とっても栄養価の高い野菜です♪


まだまだ見習いの身ですが、管理栄養士として
皆さんの健康をサポートしていきたいと思いますので
よろしくお願いします。

それでは(^^)/

投稿者:きじまHPat 14:27 | 食育

2014年9月27日

アレンジメント同好会

今回のテーマは「ハロウィーン」 子供の好きそうな材料がイッパイ 姪っ子も大喜びで参加しました(^o^) 出来上がりはこの通り 見ているだけで元気がでます!(^^)!

投稿者:きじまHPat 10:04 | 食育

2013年9月30日

越前漆器

当院では食堂にて食事をされる患者様への

新サービスとして「越前漆器」を使用した

汁物の提供を始めました。



この写真のように、食器洗浄機で洗えて

熱にも強く、熱風食毒にかけても

色艶が失われることはありません

だから、安心して使用することが出来ます。

漆器を毎日楽しく気軽に使ってほしいという

職人たちの願いが込められています。

この漆器に負けないように、患者様が心豊かになれますよう

美味しい食事つくりに励みます

なお、食器洗浄機で洗える越前漆器は

土直漆器(福井県鯖江市)で購入できますよ〜


投稿者:きじまHPat 15:07 | 食育

2012年6月16日

身体は変わる

痛みとしびれに悩まされた日々も

遠い過去になりつつある今日この頃・・・

気が付くともう6月なんですね〜

このブログも随分ご無沙汰してしまいました・・・

「心と体は連動する」とはこのとこで

身体が元気でないと何をする気も起らないんですよ〜

が、しかしお陰様で今ではすっかり元通り(?)になりました

さて先月、新しい体重計を購入し、早速家族みんなで身体測定を

したところ、母と私の骨量が全く同じだったことに衝撃を受けて

3年ぶりに骨密度を測定しました。

するとどうでしょう!なんと骨量が増えていました!!

              3年前    現在
     骨密度    0.799   0.866
 同年齢との比較   94%    105%
若年聖人との比較  89%     96%

3年前と今と変わったことは

「テニスを始めたこと」

「食べる量が増えたこと」の2点です。

そのおかげで骨が作り変えられたのかな〜

あきらめないで、デニスを続けてよかったな〜

やればできると実感した1日でした


投稿者:きじまHPat 12:34 | 食育

2011年11月18日

糖尿病週間

「‘全国糖尿病週間 金沢のつどい” で栄養相談できる

糖尿病療養指導士探しているのだけど来ない?」という

お誘いをうけ、ボランティアとして参加してきました。

医師・歯科医師・看護師・理学療法士等と協力して

血糖検査・血圧測定など各測定コーナーや講演会

運動指導・栄養相談・低カロリーアイスの試食など

盛り沢山なイベントでした。

さて、この日の相談内容で感じたことは

「糖尿病患者さんは糖質が大好き

と言うのも

「ご飯食べていないのに今、血糖測ったらすごく高かったんなんでや?」

「お昼は何を召し上がったのですか?」と聞くと

「バナナとみかんに牛乳コップに1杯だけなんやけど・・・」とか

「ご飯に焼きそば・きんつば半分食べてきた」

「ご飯に南瓜のたいたんに金時豆や」

「南瓜は野菜やし栄養満点なんやろ?」などなど

隣にいた理学療法士さんも思わず苦笑いです・・・

ベテラン糖尿病患者とは思えない内容に驚きつつ

おいしく食べて、血糖コントロールができる

食べ方のコツをお話ししたつもりですが

皆様わかってくれたでしょうか?

あっという間の3時間でしたが、たくさんの方とお話が出来て

楽しかったなー

誘ってくれたM病院の管理栄養士さんに感謝です

投稿者:きじまHPat 16:27 | 食育

2011年10月25日

ベテランダブルス大会

10月23日(日)某市でテニスのベテランダブルス大会が

あるというので手伝いに行きました。

天候が怪しい中、午前9時試合開始です。

一試合6ゲームマッチ、タイブレークなしですが

男性は5試合、女性は4試合行います。

したがってゲーム数だけでも最低24ゲーム

体力のいる大会です。

途中、雨が降り出してどうなるのかなーと思いきや

コートが水浸しでもおかまいなく

ハイレベルな試合を繰り広げています。

インパクトでボールから水しぶきが上がるのも初めて見ました。

試合の合間、選手の皆様ひたすら「食べる・飲む」を

繰り返しています。(おにぎり・バナナ・チョコ・クッキーなどなど)

食べる人は元気です。

そういえば缶コーヒーを飲む姿もよくみられました。

(管理栄養士の立場から言うとコーヒーは

体から水分を奪うので控えた方がいいのですが)

悪天候のなか午後3時30分、全試合無事終了。

選手、スタッフ一同、最後までやり終えた満足感で

いっぱいでした。








投稿者:きじまHPat 13:25 | 食育

2011年10月11日

スポーツの秋

10月9日「金沢市民スポーツレクレーション祭」の一環として

9時〜17時まで無料で練習と試合が楽しめる

「テニスイベント」に参加しました。

90分間コーチによるレッスンを受けた後は

終了時刻まで試合三昧です。

ここでも感心したことは「試合の合間によく食べる」ということ

おにぎり・バナナ・チョコレート・かきやま・クッキー・菓子パン・・・

(糖質オンリーというのがミソ)などなど・・・

「あんたも食べまっし」と流れてきます・・・

休憩のたびに何か食べるというのは

登山の時と同じだなーと思いましたね〜

なので皆様スタミナ十分、よく走り、あきらめないテニスをします。

「食べる人は元気」です。

この日は私も4試合させてもらいましたが

15時で限界・・・足が動かなくなりました・・・・

完全なる水分不足でしたね〜失敗したなァ〜

それでも、楽しい仲間と共に過ごせたことに感謝です


投稿者:きじまHPat 15:40 | 食育

2011年7月7日

七夕

今日は七夕なのに・・・・

で星空は望めそうにありせんが

グリーンカーテンにしようと植えた「朝顔」は元気に

すくすく育っています。

さて、毎年「七夕」の日は「鮎の塩焼き」です。

調理師さんが一匹づつ竹串で丁寧に形を整えてくれます。

おかげで尾っぽも上向き、立派な姿に焼きあがりました。

見た目もおいしそうです

天の川をイメージして七色とまではいきませんが

緑・黄・ピンク・の色つき素麺にゴーヤチャンプル

お星様のゼリーをデザートに添えて

お昼ご飯の出来上がりです。

ちなみに魚に占と書いて「鮎」という名がついたのは

日本書紀に神功皇后が「占いに使った」という記述があり

それが語源のめでたい魚だそうです。

鮎は「カルシウム・鉄分・たんぱく質」がとても豊富で

運動量の多い人にはおすすめの魚です。

炭火焼きにすると骨までやわらか〜く食べられますよ〜

投稿者:きじまHPat 15:26 | 食育

2011年6月21日

開設記念日

平成6年6月20日

金沢市山ノ上町から、金沢市松寺町へ

新築移転し名称も「木島病院」に改まって

早17年の歳月がたちました・・・・

というわけで、毎年6月20日(あるいは21日)は

木島病院 松寺移転 開設記念日の特別メニューです。

今年のメニューは

お赤飯とエビフライ・お祝いの上用まんじゅうです。

「今日は何の日?」と患者さんからの声・・・

「赤飯上手く炊けとるね〜」 「まんじゅう何処の?おいしい〜」と

満足していただけたようです(エビフライが小さかったのが残念ですが・・・)

来年はもっとおいしいメニューにしたいと考えています。





投稿者:きじまHPat 15:12 | 食育

2011年4月20日

敷島のうた

小西です。

通所リハビリ 利用者さんから

お手紙をいただきました

先週の花見と弁当のことが書いてあり

「その日の弁当が特別うまく、花より弁当だった」

いう一文に心が躍りました。

また「敷島の大和心を人とわば 朝日に匂う山桜花」という

句が書いてあるのを見て「敷島」とは何のことか?と

調べたら「敷島は、日本の国号である」と・・・

国民学校初等科6年で習うともありました。

大正〜昭和〜平成の今を生きる利用者さんの

歴史を感じるすばらしい内容で

私の心があつくなりました。

すてきなお手紙に感謝です



投稿者:きじまHPat 13:04 | 食育

2011年4月16日

続・花見弁当

小西です。

通所リハビリセンターお出かけイベント最終日の今日は

あいにくの・・・・

花見見物は車中より、になりましたが

せめてお弁当だけでも楽しんでもらおうと

ちょこし豪華?にしてみました。

いなり寿司に赤飯・かにシュウマイ

ばらの花に見立てた細工かまぼこ・枝豆

そして郷土料理のえびす

利用者さん達からは「今日は豪華や〜

言っていただけました。

さて、当院には「ふぐ調理師」の免許をもつ調理師さんがいます。

その方は、細工ものや盛り付け方のセンスが抜群で

私も教わる場面が多々あります。

いつもおいしい食事を作ってくれて感謝です

投稿者:きじまHPat 12:02 | 食育

2011年4月15日

花見弁当

小西です。

唐突ですが・・・

この写真なんだかわかりますか?

答えは最後のお楽しみとして・・・

通所リハビリで「花見と弁当を楽しむ」

「花見お出かけツアー」をするというので

日替わりで「花見弁当」を作りました。

本日のメニューは

いなり寿司・おにぎり・サラダに煮合わせ

そして、郷土料理の「えびす」・・・・

利用者さん達、喜んでくれたかなぁ〜?



いつの間にか、あちらこちらの桜が満開に

咲き乱れています

さまざまのこと 思ひ出す 桜かな(芭蕉)

今年の桜は、ちょっこしほろ苦い思ひ出桜になりそうです・・・

最後に 1枚目の写真の正体は?



“パンダ”でした

生きている間に1度は見たいと思っていた

パンダが思わぬ場所にいたので驚きました

人生初パンダに感激でした


投稿者:きじまHPat 14:46 | 食育 | コメント(0) | トラックバック(0)

2011年3月31日

健康づくりフェア

小西です。

平成23年4月9(土)・10(日)午前10時〜午後4時

金沢健康プラザ大手町にて「第32回健康づくりフェア」をします。

骨密度や動脈硬化チェックなど各種測定コーナーや

歯ぐき年齢チェック・血管年齢と肥満度チェックなどなど

健康づくりに関する情報満載です。

しかも9日(土)は「北澤 豪(元サッカー日本代表)氏」の

トークショーがあります(13時30分〜14時30分)

私も10(日)栄養コーナーにて栄養相談員として参加します。

桜の開花に合わせるように開催されるイベントです。

お花見ついでに遊びに来ませんか?



投稿者:きじまHPat 15:12 | 食育

2011年3月26日

農林水産省からのお知らせ

小西です。

3月11日に発生した
東北地方太平洋沖地震について、
被災された方々へは
心よりお見舞い申し上げるとともに、
犠牲になられた方々とご遺族の皆様に対し、
謹んでお悔みを申しあげます。

今般の、東北地方太平洋沖地震による
福島第一原子力発電所の事故により、
農畜水産物への放射線影響が顕在化しております。

そのため、農林水産省では、
3月23日に関係各府省庁の情報源を一元化し、
国民の皆様に提供することを目的とした
ポータルサイトを開設しました。

「福島第一原子力発電所事故による農畜水産物等への影響」
 http://www.maff.go.jp/noutiku_eikyo/index.html

ぜひご活用ください。




投稿者:きじまHPat 09:26 | 食育

2011年2月8日

かきもち作り

小西です。

欠き餅が語源の「かきもち」

餅つき機でついた餅を木型にいれて固めます。



これで餅を薄〜く切ります。

「かきもち」の名前の由来は

刃物で餅を切ると縁起が悪いので

「手で小さく餅を欠く」ことからきているのですが

・・・それはさておき・・・



切った餅を2枚づつ重ねて並べます

昔は藁でしたが今はビニール紐でくくります

部屋に吊るして干します。

かきもちに占領された部屋は乾くまで

立ち入り禁止になります。

出来たかきもちは油で揚げるのが

我が家の主流だったのに・・・

手軽に食べられるのとヘルシー志向で

ここ数年は電子レンジでチンして食べています。

私は揚げたのが好きなんだけどな〜




投稿者:きじまHPat 15:27 | 食育 | コメント(0) | トラックバック(0)

2011年1月28日

続・低糖質食

小西です。

主食を抜いておかずだけを食べる「低糖質食」

糖尿病患者さんが糖質を食べると食後高血糖になるので

それを防ぎましょうという治療食です。

ではどのくらい血糖を上げるのか?

個人差がありますが

1型・・・糖質1gに対して血糖値が約5mg/dl

2型・・・糖質1gに対して血糖値が約3mg/dl

上昇するといわれています。

合併症を防ぐための目標血糖値は

食後1時間180mg/dl以下です。

なので自分の空腹時の血糖値を測定することで

糖質の食べられる量が分かります。

例えば2型の人の場合

空腹時血糖値が140mg/dlであるならば

180mg/dlとの差は40mg/dl

糖質1gにつき血糖値が約3mg/dl上がるため

40÷3=13.3g(1食分)の糖質が食べられる

計算になります。

ですから市販されている炭水化物の量を見ることで

自分が食べられる食品を選ぶことが出来るのと

おかずがたくさん食べられるという利点がありますし

このように食べる糖質の量によって

食後血糖値の予想がつくので「インスリン量が調整できる」

という利点もあります。

ただし通常の食事にくらべて食費は約1.5倍高くなります。

と、いうのも砂糖などの甘味は使えません。

どうしても甘味が欲しい場合は

「血糖値を上げない特殊な甘味料」が必要になったり

おかず中心のメニューになるため

野菜類・肉類・魚介類・卵・大豆製品の使用頻度が

多くなる
からです。

それでも糖質が血糖値を上げることは事実なので

今後の糖尿病治療食がどのように変化するのか

私も糖尿病専門医とともに勉強します。

なお「低糖質食」をやってみようかな〜と

考えている糖尿病患者さんのなかで

「腎臓の働きが悪い人・経口血糖降下薬を使用

インスリン治療をしている人」は

必ず医師と相談してください。

低血糖を招くので危険です。

血糖値が気になる方は

早めの受診、あるいは管理栄養士までご相談下さいね















投稿者:きじまHPat 17:01 | 食育 | コメント(0) | トラックバック(0)

2011年1月24日

低糖質食

小西です。

糖尿病治療の最新の話題として

「抵糖質食」や「ローカーボ食」という食事療法があります。

どちらも「糖質の量を減らす」という

食事療法です。

では「糖質の多い食品は何か?」と申しますと

砂糖及び甘味類

穀類・いも及びでん粉類
です。

これらは「血糖値を上げる」食品です。

つまり「低糖質食治療」とは

「血糖値を上げる食品を食べないようにする」ことで

食後の高血糖を防ぎましょうというものであり

「血糖値を上げにくい食品を食べなさい」

という食事療法です。

じゃあ「血糖値を上げにくい食品」って何?

実は・・・油・たんぱく質・蒸留酒です。

ということは・・・おかずが食べ放題!?

揚げ物OK!!焼酎飲み放題
と思いますよね〜

アルコールについては後で述べますが

糖質60%たんぱく質15%脂質25%

1600キロカロリーが当院の

糖尿病20単位食ですが

これが「低糖質食」になると同じカロリーでも

糖質20%たんぱく質30%脂質50%

と変わります(一例ですが・・・)

いったいどんなメニューになるのでしょうか?


ハムエッグ・トマトのサラダ・野菜炒め
豆乳・野菜スープ

鯖のたつた揚げ・焼き茄子・八宝菜
大根サラダ・豆腐となめこの味噌汁

鶏の唐揚げ・枝豆・筍と蕗の煮物
野菜サラダ・豆腐ときのこのスープ

ご飯などの穀類はゼロです。

砂糖などの甘味は少ないです。

血糖値は上がりません。

しかし食費は上がります

ところで、糖尿病専門医師

「これからの糖尿病治療食は

低糖質食に変わっていくのでしょうか?」


うかがったところ

「短期であるならば、低糖質食は有効ですが

長期にわたって低糖質食を続けることで

体がどう変化するのか?研究が進んでいないので

なんとも言えない」
ということでした。

最後に「蒸留酒」のことですが・・・・

血糖値は上げないかもしれませんが

アルコールを解毒する際に

「糖」が使われるため「低血糖」を招くことと

肝臓に負担がかかり、結果として

高血糖を招くこと事実です。

糖尿病治療食については

自分に合う食事治療を一緒に考えてみませんか?

気軽に主治医・管理栄養士にご相談くださいね





投稿者:きじまHPat 16:55 | 食育 | コメント(0) | トラックバック(0)

2011年1月20日

FOOD ACTION NIPPON

小西です。


皆さんこのロゴマークをご存知ですか?

これは

「日本の食・食文化を守る・残す・創る運動を推進する」

食料自給率向上に向けた国民運動のロゴマークです。

昨年、農林水産省 委託事業の方より

「貴院の栄養部HPを見たところ“FOOD ACTION NIPPON”

の主旨に沿った活動をされているようなので

“推進パートナー”として登録しませんか?」

との申し出があり

平成23年1月14日より参加・登録することと

なりました。

病院での登録は全国で当院が初です

http://syokuryo.jp/partner/action/

この活動を通じて「患者様へのおいしい食事つくり」

への期待に応えられるよう励みます


投稿者:きじまHPat 17:10 | 食育 | コメント(0) | トラックバック(0)

2011年1月17日

糖尿病は治る?

小西です。

第14回日本病態栄養学会年次学術集会に参加してきました。



が心配でしたが無事到着

新幹線の中から富士山を拝むことができました。

さて、臨床医・栄養研究者・管理栄養士などが

集まるこの会に参加した目的のひとつに

某テレビ番組を見ていた両親から

「糖尿病が治る薬がでたんやて〜」

聞かされて糖尿病患者さんにとっては

夢のような話の真実を確かめるべく

横浜市立大学大学院医学研究所 

分子内分泌・糖尿病内科学の教授に

「某テレビ番組にて、その薬を使うと

糖尿病が治るということですが

先生の考えをお聞かせ下さい」
と質問しました。

先生曰く

「糖尿病になるか?ならないか?の境界線の方に

早期から使用することで糖尿病にならないと

いうものであり、糖尿病が治る薬ではない」

という答えでした。

つまり、糖尿病に限らず自分の健康を守るには

きちんと医師の診断を受けること

早期発見・早期治療
が大事であること

足るを知る=自分の運動量に見合うエネルギー分の

食事をすることが大事・・・・・

自己診断しないでくださいね〜

また、糖尿病治療の最新の話題

低糖質食治療については

次回のブログで紹介したいと思いますので

お楽しみに〜

投稿者:きじまHPat 15:43 | 食育 | コメント(0) | トラックバック(0)

|1/2ページ | 次の20件 >>

▲このページのトップへ